スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンダ【3】 王貞治「野球界は遅れている」。草野球をする子供がいない。サッカーの台頭で・・。

パンダ【3】 


王貞治「野球界は遅れている」。草野球をする子供がいない。サッカーの台頭で・・。


パンダ【2】 

斎藤祐樹「中国から来たパンダが騒がれる、そういうモノって長続きしない」。野球韓流。


パンダ【1】 

収容人数の違いがあると報じながら、ア杯V結びつかずと報道。名古屋は、ホーム?。






王貞治「野球界は他のスポーツより遅れている」

「サッカーのように指導者のライセンス制を作るべき」


◇技術指導に一貫性を

 

第20回世界少年野球大会は昨夏、東京・駒沢オリンピック公園で開催された。

大会中の野球教室で、まだ経験が少ないらしい台湾の少年が懸命に素振りをする姿を、
王は穏やかな表情で見つめていた。

しかし、自らバットを持って教えることはなかった。 

 

1990年に米ロサンゼルスで開かれた第1回大会以来、王が子供たちに直接、
技術指導をしたことはほとんどないという。

なぜか。王は即答した。
「僕が教えることで子供たちに迷いが生じてくるといけないからね」

 

■ライセンス制を提言

 

世界少年野球大会での技術指導は、

国際野球連盟(IBAF)から派遣された指導員に任せられている。
指導員たちはバットの振り方、ボールの投げ方、

スライディング、と野球の基本を勉強し、
IBAFから指導員の認定を受けたメンバーだ。

第20回大会では日本をはじめ、
カナダ、米国、プエルトリコ、オランダなど計8カ国12人の指導員が、

少年少女たちに熱心にアドバイスを送っていた。

 

そこには王の「指導者は『正しい基本はこういうものだ』というのを持っていないといけない」
という考え方が反映されている。

また、現状に満足していないからでもある。
「日本の指導者は自らの経験則で教えているケースが多く、思い違いをしている人もいる。
同じバットの振り方でも、人によって言葉の使い方、表現の仕方も違う。
指導に一貫性があれば、教わる側の子供たちは困らないよね」

 

そこで王は「サッカーのように指導者のライセンス制を作ればいいのではないか」と提言する

 

■システム作り急務

 

サッカー界では、日本サッカー協会がプロレベルの公認S級から少年サッカーレベルまで、
何段階にも分けて指導者ライセンスを発行している。

ライセンスを取るには講習やテストを受けねばならず、
例えばU12(12歳以下)年代を対象としたC級コーチの養成講習会では、
技術・戦術理論やコーチング法などの講義と、

22時間の実技で組まれたカリキュラムをこなす必要がある。


野球でも指導者講習会が開かれることがあるが、

講義内容や技術の中身自体は統一されていない。
プロからアマチュアまで全体を統括する組織のない野球と、

サッカーとでは事情が違うのは確かだろう。
しかし、仮に間違った理論で教えられ、才能が伸びなかったり、故障したりすれば、

犠牲となるのは子供たちだ。

 

「米国も事情は変わらないと思うけど、日本の野球界は(他の競技より)遅れている
子供たちのためにシステム作りはやっておかないと」。

王は語気を強めて言った。


http://mainichi.jp/enta/sports/baseball/oh/news/20110304org00m050001000c.html






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




プロ野球中継激減で野球に接する機会が減り、

草野球をする子供がほとんどいなくなった…サッカー人気で人材流出も



栃木市内の小、中学、高校の指導者らがこの1月、

「栃木市学生野球交流会」を発足させました。
3月6日夜には市内で関係者100人が集合。

「部員不足をどう解消するのか」
「発達段階に応じた練習方法」をテーマに討議しました。


活発な意見が出され、さながら大人の野球塾といった熱い雰囲気でした。

次回は5月に実践的な指導法を学ぶ予定です。

 

市内の学童野球チームは、ピーク時の半分近くに減ったとも言われています。

昔と違って、子供らが田んぼや広場で草野球をやる姿はめったに見かけません
プロ野球は中継の専門チャンネルでないと多く見られません。

野球と接する機会も減りました。
親の時間的、経済的負担も見逃せまん。

サッカー人気で人材の流出もあるようです

 

栃木市出身の現役プロ野球選手には、開幕投手候補の巨人ドラ1沢村選手、
同じ巨人で寺内選手、昨季日本一に輝いたロッテの渡辺選手がいます。
昔から野球の盛んな土地柄です。

 

子どもたちが、大人になってから「野球をやっていて良かった」といわれるような環境を、
いま一度、関係者が連携して再構築しようという試みです。

 

まずは長い目で成果を注目したいものです。



http://www.shimotsuke.co.jp/dosoon/contribution/sports/20110307/469901





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





サッカーの台頭で野球人気に陰り…五輪競技からも除外され、先行きは明るくない


元日の決勝が恒例となったサッカーの天皇杯は、Jリーグから高校生まで参加する。
プロもアマチュアも一緒になって日本一を目指して争うのが醍醐味(だいごみ)だ。

 

そのサッカーにできて、なぜ野球にできなかったのか。

いざ始まってみると、そんな疑問をあらためて抱いた野球ファンも、

多かったのではないだろうか。

 

プロ野球と学生野球の交流試合が、今月から解禁となった。

日本学生野球憲章の改正でプロとアマの交流規制が緩和され、3月と8月に限り、
単独チームによる対戦が可能になったのだ。

 

1日には巨人の2軍と中央大が宮崎市で対戦し、熱戦は3-3で引き分けた。

同じ野球に取り組みながら、

長い間対立してきたプロとアマの関係改善の契機となるもので、まずは評価したい。

 

それにしても、両者の間を隔てていた「高い壁」は何だったのだろうか。

 

球界でのプロとアマの交流禁止の歴史は長い。

古くは1932(昭和7)年、当時の文部省が出した「野球統制令」にも記述がある。

当時は日本にプロ野球がない時代だが、
米国の大リーグ選手との対戦を想定したものといわれている。

 

戦後の学生野球憲章では、プロ野球出身者の指導まで原則禁じるなど、

さらに厳しくなる。
いずれも学生野球が商業利用されることを避けるのが目的だった。

 

その後も、プロ側による社会人選手の強引な引き抜きや裏金も絡んだ勧誘問題などが起き、
アマ側は反発を強めていく。

こうした経緯もあって、両者は事実上の絶縁状態となっていたのである。

 

野球は戦前から国民に愛されるスポーツだったが、

一方で、サッカーの台頭などもあって近年、
絶対的な人気にかげりが出ているのも事実である

 

五輪競技からも除外され、先行きは必ずしも明るくない。
こうした危機感を背景に、日本学生野球協会が昨年、

学生憲章を全面改正してプロアマ交流に踏み出した。
高度な技術を習得したプロがアマを指導すれば、

アマ球界のレベルアップにもつながるのは間違いない。
ファンにとっても歓迎すべきことだろう。


とはいえ、今回の交流解禁は球界改革の第一歩にすぎない。
野球の発展には、プロ側の意識改革も不可欠であることは言うまでもなかろう。
とりわけ、アマとの関係悪化の原因となった選手獲得には細心の注意を払うべきである。

 

多くの人に指導者としての道を開くためにも、

日本サッカー協会のように資格取得制度を導入することも考えていい。

 

サッカー界では現役時代の有名選手より、
日本代表のザッケローニ監督のように専門知識を身に付けた指導者が活躍するケースの方が目立つ。
そうなれば、野球の裾野もさらに広がるだろう。

 

かつてプロ野球と人気を二分した大相撲は、時代の変化に対応できす、

八百長問題に揺れて存続の危機にある。
球界も角界を「他山の石」として、プロアマを問わず改革に取り組むべきだ。



http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/230297




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

いつまで経ってもメジャーで通用する
日本人内野手が育たない
(というか世界で2番目くらいのリーグなのに
1番のリーグに通用する選手が少なすぎる
摩訶不思議な状況)事に
危機感や違和感を持てば?と書こうとしたけど
記事自体はだいぶ前なのか。
まあ持ってないんだろうけどw

サッカー敵視だけして、そこで思考が
止まっちゃうからなw

2 ■無題

危機感を持つのが遅すぎ。
世界でメジャーなスポーツじゃないと解ればメジャーなスポーツに流れるのは
当たり前の事。
サッカー敵視だけで、自分達の勝てているところをいつまでも
勝てると勘違いするから普及も積極的になれない。

3 ■無題

>そこで王は「サッカーのように指導者のライセンス制を作ればいいのではないか」と提言する

長嶋なんて引退翌年に
監督になって
巨人を最下位にしましたからね。
監督選びでもキャラゲーですよw

4 ■無題

近所の広場で大勢でサッカーを楽しむ少年達と片隅でキャッチボールをする一組の親子。

何とも淋しげだった。
私の住む静岡県ではもう当たりすぎた光景w

5 ■無題

>王貞治「野球界は他のスポーツより遅れている」「サッカーのように指導者のライセンス制を作るべき」

そもそも、そのライセンスはどこが認定するのさ?日本野球協会なんてないだろ。プロアマ一緒になろうとしても、既得権益を離したくない団体がいがみ合ってるだけじゃんw

>栃木市出身の現役プロ野球選手には、開幕投手候補の巨人ドラ1沢村選手、 同じ巨人で寺内選手、昨季日本一に輝いたロッテの渡辺選手がいます。

この三人全員さっぱりわからんw

>そのサッカーにできて、なぜ野球にできなかったのか。いざ始まってみると、そんな疑問をあらためて抱いた野球ファンも、多かったのではないだろうか。

それはね、ファンも含めた野球関係者がアホだからだよw何回言わすんだよw

6 ■お前が言うな。

王監督も他人の事は言えないですがね。
巨人の助監督時代は滅茶苦茶していたのは良く覚えている。
ダイエーでも負け采配を連発して、「敗北性病原菌O-89」呼わばりされていた。
さすがに監督業が長くなるとそういうことも減ってきたが。
自分の昔の無様さを自省しているからこその言葉、だと思いたい。
……思いたいのだが。

>そのサッカーにできて、なぜ野球にできなかったのか。
現在の(日本政界を自分の好きなように操作していると思い込んでいる)マスゴミ業界もそうだが、既得権益に胡坐を掻いた上層部が好き勝手するからだろう。
日本を腐らせている業界と二人三脚だから、その腐敗振りが白日の下に曝された時点で野球の命運は尽きたと言える。
もし『健全な野球』を日本人が欲するなら、今の腐ったNPBは一端灰燼に帰してその灰の中から新しく組織を立ち上げ直すしかないだろう。

7 ■無題

結局は人気に胡坐かいてたツケですからね
もっとも、認識してる方はマシで
ほとんどは「野球人気に四角無し」とか考えてる
お花畑の大群が野球人ですが

8 ■コメレス3

@ ポークカレーさん

西岡なんて、通用してないですもんねw

ですんw

@ リッケンさん

サッカーに敵視持ってる割に、
こういうことはダメなんですよねw

@ 牛丼さん

プロではないけど、欽ちゃんでもなれますからねw

@ やきうどんさん

ウッチーは、やきうに行かなくて良かったですw

@ 試行錯誤さん

野球関係者は、バカアホばかりですよねww

@ Mr,Do!さん

王監督も、自分の記録まもるための
敬遠はショックでしたw

@ 閑人さん

ですねw


プロフィール

薬球ちゃん

Author:薬球ちゃん
ニックネーム:薬球ちゃん 
自称「3代目・やっくん」
性別:男
血液型:本田△と同じAB型

自己紹介
元巨人ファンです。
その前は、西武でした。
巨人ファン時代は、
全選手の背番号と
顔・プレーを覚えてるくらいの
元焼き豚。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。