スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川島【5】 斎藤のファンは、8割方を中高年が占めている・・それを見て、プロ野球人気の復活の予感。

川島【5】 


斎藤のファンは、8割方を中高年が占めている・・それを見て、プロ野球人気の復活の予感。


川島【4】 

元木「野球人気いので、仕事無い」と人生相談。日韓戦で女性号泣き、里田まい、川島ラブ。



川島【3】 

宮根、「野球の魅力を次の世代に伝えるか」と「次は本物の持っている男、斎藤投手です」。



川島【2】 

巨人戦の地上波中継が昨年と同数の理由。プロ野球の地上波中継は今季限りで消滅?。


川島【1】 

メキシコリーグ。アジア・スプリング・ベースボール。アジアシリーズは、台湾で開催。




344 名前: ○日刊スポーツ記者 佐藤康夫 [sage] 投稿日: 2011/01/25(火) 15:18:44 ID:IRk9Liz4
鎌ヶ谷は熱かった。

日本ハムルーキー斎藤佑樹投手が自主トレ中の「ファイターズスタジアム」(千葉県鎌ケ谷市)。
入寮日に自主トレ初日と、2日連続で取材に行ったのだが、

スタンドからのファンの声援はもうシーズン真っ只中だ。


「佑ちゃーん」 「斉藤くーん」 冷たい風が吹く中、

ホットな声援が飛び交っていた。
ちょっと驚きだったのが、その黄色い声を発してる人々の年齢層
さぞ同年代のギャルが多いかと思いきや、8割方を中高年が占めている


何人かに話を聞くと

「動作も話し方も今の若者と全然違う。

見ているだけでさわやかな気持ちになる」(60才主婦)

「大学に行って体つきがどっしりしたわね」(46歳アルバイト女性)

「勝てなくてもいいから、怪我だけはきをつけてほしい」(72歳無職男性)

つまり、みんな、お父さん、お母さん目線で応援してるのだ。

自主トレ終盤に入った今でも、鎌ヶ谷には連日2000人を超える観客が詰めかけているという。

地上波での中継も少なくなり、野球人気低迷が叫ばれて久しいが、

佑ちゃんは久々に登場した「誰からも愛される」選手 

梨畑に囲まれたのどかな球場の、

金網にしがみついて声援をおくる中高年ファンの後ろ姿に、
プロ野球人気の復活を予感した




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

薬球ちゃん

Author:薬球ちゃん
ニックネーム:薬球ちゃん 
自称「3代目・やっくん」
性別:男
血液型:本田△と同じAB型

自己紹介
元巨人ファンです。
その前は、西武でした。
巨人ファン時代は、
全選手の背番号と
顔・プレーを覚えてるくらいの
元焼き豚。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。