スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国と【2】 「買ってください」とお願いしないとプロ野球を中継してくれない。大人の地デジ離れ。

韓国と【2】 


「買ってください」とお願いしないとプロ野球を中継してくれない。大人の地デジ離れ。


韓国と【1】 

サンモニ、1月16日・23日、張本「あっぱれ!泣かないで、佳純ちゃん」・空振り。






低視聴率でプロ野球の放映権料が激減…

テレビ局に「買ってください」とお願いしないと中継してもらえない



かつてプロ野球中継は、テレビ局にとってゴールデンタイムの主力番組だった。
球団に入る放映権料収入も大きかったが、今では収入に占める割合が激減するなど、
放映権ビジネスは大きな変わり目を迎えた。

 

Jリーグなどの一括管理と違い、

プロ野球は球団ごとにテレビ局と交渉して放映権を売る。
TBSを親会社に持つ横浜は、ピーク時に放映権で年間30億円近い収入があったが、
回数と1試合ごとの放映権料が減り、今や6億円程度。


笹川博史取締役は「シーズン入場券と前売り・当日入場券、放映権料が収入の3本柱だった。
今は放映権料が崩れかけている」と言う。

1試合1億円を超えていた巨人戦も、下落が続いている。


ビデオリサーチによると、2010年の巨人戦ナイター(地上波)の

年間平均視聴率(関東地区)は8.4%で過去最低。

巨人の桃井恒和球団社長は「放映権料が下がらないよう努力するしかないが、
下げ圧力は増えてくる」とみる。

阪神も同様で、「昔は各局が『時間枠はどこでも空ける』などと言っていたが、

今はこちらから『買ってください』と言う必要も出てきている

(酒井清史営業部長)。


半面、日本テレビの「G+」やTBSの「ニュースバード」などのCSチャンネルは
プロ野球を柱として加入者数が伸びている。

内容にも、熱心なファンを意識した工夫がうかがえる。
民放キー局のプロデューサーは「野球というコンテンツには有料でも見たいという強い魅力があり、
視聴形態が地上波からCSやインターネットに分散している」と話し、

番組の作り手も球団も「脱地上波」の戦略が必要だと指摘する。


http://www.jiji.com/jc/zc?k=201101/2011011700521







大人の”地デジ離れ”が急増。 

BSデジタル放送が大ブレイク、視聴率が地デジ以上のBS番組も多数


BSデジタル大ブレーク―地上波食うユニーク番組目白押し

エコポイントの追い風もあって、

昨年秋に地デジ対応テレビに買い替えた家庭のBSデジタル放送の視聴が急速に増えている。

世帯普及率は6割前後といわれ、地上波の視聴率にあたる

「接触率」はゴールデンタイム(午後7?10時)で15%を越える

これは人気ヒットドラマが1本参入したのと同じで、

その分、地上波は食われているわけだ。

BS日テレのプロ野球・巨人戦の視聴率を地上波に換算すると10%弱に相当するとみられるが、

これは地上波の視聴率を上回っている。

広告収入もうなぎ登りで、地上波局が軒並み減収なのに対して、

BSデジタルはここ数年で2・5倍近い。


テレビらしい大人のためのテレビ


この上り調子を受けて、BS1、BS2がデジタルに移行するNHKはもちろん、
BSデジタル民放局も独自色を前面に押し出して、

このBSブームの中で1歩抜け出そうと虎視眈々である。


BS日テレは強力コンテンツの「巨人戦」中継をさらに増やして、

「巨人戦を見るならBS日テレ」の定着をはかり
BS朝日は「わたしの贅沢」をコンセプトに、

平日夜9時台の紀行番組をより充実させる方向を打ち出す。

BS―TBSは報道とドキュメンタリー、オリジナルドラマというTBSの伝統を引き継ぎ、

BSフジはターゲットを絞り込んだ番組作りを目指している。

みんなが見る番組ではなく、たとえば30代の女性にターゲットを絞り込んだような番組だ。
テレビ東京と経営統合したBSジャパンは、自主編成の番組を増やすのが目標。

BSイレブン編成・制作局長の二木啓孝氏はこう言う。
「4月に大幅な番組改編を予定しています。

『ゆっくりじっくりオトナチャンネル』をコンセプトに、さらに幅広い番組編成を考えていて、
その先駆けとして1月5日からJRA競馬の中継を始めます」
BSイレブンは3D番組も目玉だ。


今年(2010年)はさらに12チャンネル、来年3?4月には7チャンネル増える。
BSしか見ませんという視聴者も出てきそうだ。



http://www.j-cast.com/tv/2011/01/03084661.html






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

薬球ちゃん

Author:薬球ちゃん
ニックネーム:薬球ちゃん 
自称「3代目・やっくん」
性別:男
血液型:本田△と同じAB型

自己紹介
元巨人ファンです。
その前は、西武でした。
巨人ファン時代は、
全選手の背番号と
顔・プレーを覚えてるくらいの
元焼き豚。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。