スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カタール【5】 元巨人の38歳の投手、育成枠でソフトバンク入り。神宮のスピードガン見直しへ。

カタール【5】 


元巨人の38歳の投手、育成枠でソフトバンク入り。神宮のスピードガン見直しへ。


カタール【4】

楽天育成新人、体重90キロで体脂肪率が測定不能。斎藤の父親、仕事辞める。



カタール【3】 

マエケン、WBCで、日の丸背負う・内川、WBCで、大分を世界にアピール。



カタール【2】 

サッカーアジアカップ、サウジアラビア戦の視聴率23.4%。相撲中継、BS消える。


カタール【1】 

週刊ダイヤモンドの女性副編集長、イレブン爽やか。野球ファンばかりではない。





元巨人・藤田投手、育成枠でソフトバンク入りへ

ソフトバンクが、昨季まで巨人でプレーした藤田宗一投手キラキラ(38)キラキラ

育成選手として獲得することが17日、分かった。

連続救援登板の日本記録保持者でもある左腕と、近日中にも正式契約を結ぶ。
ロッテ在籍時の06年には、第1回WBCのメンバーとして、

王監督(現ソフトバンク会長)が率いる日本代表の優勝に貢献。

かねてから王会長の評価が高く、球団関係者は「経験という部分では、

他の投手にないものがある」と説明した。


昨季は巨人でプロ初の1軍登板なしに終わったが、

環境が変われば力は発揮できると判断。
38歳での育成選手契約は異例だが、

キャンプでの状態を見て支配下選手登録することも視野に入れている。
左のリリーフとしてだけでなく、

中継ぎ陣のまとめ役としても期待がかかりそうだ。



http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20110117-OHT1T00237.htm




■ やっくんのコメント ■


38歳で、育成ってwww


育成の使い方を間違えてるだろ。


例えると


コンビニを経営と店長をずっとやってた人が、

コンビニが経営不振で閉店になってしまって、

他のコンビニから、お呼びがかかり、

アルバイトで雇ってやるよ


って感じでしょうか。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




速すぎ?神宮球場、スピードガン見直しへ

 


ヤクルトの本拠地・神宮球場が、スピードガンの見直しを検討していることが14日、分かった

戸頃啓(ところ・あきら)球場長は「昨年、由規君の161キロもあったし、

(他球場と比べて)『速いんじゃないか』という声もあった

ファンに正確なものを提供したいからね」と説明。

オープン戦期間中に、球場スタッフが検証に乗り出す。

 

現在は、2台の米国製スピードガンが、ホームベース後方に固定されており、

2台の平均値が電光掲示板に表示されている。


昨年8月26日の横浜戦で由規が日本人最速の161キロを出した際、

テレビ中継は「152キロ」と表示、大きな誤差が話題となった。

巨人・沢村、東海大・菅野の「157キロ」など、

速球派の投手の最高球速が計測されたのも神宮で、毎回のように議論を呼んできた。


そこで今回、オープン戦期間中のネット裏に、

“スピードガン部隊”を配置。ミズノ社など複数で球速を測定し、比較する。

同球場長は「(既存のものと)あまりにも球速差が大きい場合には、

スピードガンの変更も考えます」と、徹底的に精度を追求する構えだ。



http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20110114-OHT1T00220.htm





斎藤はMAX150キロといっても1度出したことがあるだけで

通常は130キロ台中盤の速球だからね」と語っている通り、
斎藤は決して一軍当確をしているわけではない。
自主トレの成果や今後の成否は、周囲の雑音に邪魔されず、

どれだけ野球に集中できるのかにかかっているといえそうだ。



http://news.livedoor.com/article/detail/5278201/


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

薬球ちゃん

Author:薬球ちゃん
ニックネーム:薬球ちゃん 
自称「3代目・やっくん」
性別:男
血液型:本田△と同じAB型

自己紹介
元巨人ファンです。
その前は、西武でした。
巨人ファン時代は、
全選手の背番号と
顔・プレーを覚えてるくらいの
元焼き豚。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。