スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鎌ヶ谷【1】 野球とソフト、存続に向けて、1競技で調整。ブーイングが予想される。諦めてないよ。

鎌ヶ谷【1】 


野球とソフト、存続に向けて、1競技で調整。ブーイングが予想される。諦めてないよ。






野球とソフトが共同声明文、存続へ1競技で調整


【アジア大会】野球とソフトが共同声明文、存続へ1競技で調整


2014年仁川アジア大会でソフトボールが実施競技から除外対象となったのを受け、
野球とソフトボールの両アジア連盟

1競技として実施することを求める共同声明文
アジア・オリンピック評議会(OCA)に提出し、
存続方向で調整されていることが11日、関係者の話で分かった


両競技のアジア連盟が緊急の打開策として合意した声明文の提案によると、
アジア大会期間中に男子の野球と女子のソフトボールが施設を共有し、
野球が最低8カ国・地域、ソフトボールは最低6カ国・地域の参加で実施を要望
6日間の野球の終了後にマウンドを改修し、

さらに6日間のソフトボールを実施する日程で検討している。

日本オリンピック委員会(JOC)幹部は「大会組織委員会の意向次第だが、
(カザフスタンで開かれる)1月のOCA理事会でまとまると思う」と述べた。



http://sankei.jp.msn.com/sports/other/110111/oth1101112243008-n1.htm








━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






榎田、母のおかげ!ブーイング大丈夫



阪神のドラフト1位で、広州アジア大会日本代表の榎田大樹投手(24)=東京ガス=が10日、

12日の開幕に向けて成田空港から中国へ出発した。

大会中は容赦ないブーイングが予想されるが「母のヤジで慣れていますよ」と、

アウェーの洗礼を逆に“歓迎”。


決勝翌日の20日が、母きよ子さんの48回目の誕生日で

「金メダルを取って報告したい」と、16年ぶりの頂点を強く誓った。

  

◇  ◇

 

初めての海外飛行を直前に、緊張はピークに達していた。

空港ロビーでチーム関係者から海外経験の有無を問われると、

1人だけソッと左手を挙げた。

「僕だけ海外が初めてなんで、それだけが不安です」。

強化合宿では登板4試合で無四球無失点に抑えた男が、

初めて“弱点”を人前で見せた。

 

「個人行動は慎むようにと言われています。

海外というか、中国ももちろん初めてなので…。逆に出たくない。選手村でゆっくりしたいです」

 

初めて降り立つ海外が、国交問題にある中国の広州となった。

榎田は15日の中国戦に先発する予定。

サッカー日本代表が味わったように、当日は容赦ないブーイングが予想される


緊張した面持ちは崩れなかったが、野球の話では強気な姿勢を貫いた。

「ヤジには慣れてるんで。気になりません」。

言葉の裏には、とある理由があったのだ。

 

地元鹿児島で、軟式野球部に所属した大崎中時代。

試合では常に母きよ子さんが、スタンドから大声で叫んでいた。

「スタンドからヤジ…というか、応援がすごかったので。そういう面では慣れてますね」。

この幼少期の体験が心を強くした。

いまでも胸に響く「ないしちょっと!(何してるの)」‐。

アウェーのブーイングも、母の“声”にはかなわないようだ。

 

「ゼロで抑えることが大事だと思っているので。これを続けていきたいです」。

くしくも19日の決勝翌日は、きよ子さんの48回目の誕生日。

「金メダルを取ったと報告できるように、しっかり頑張りたいです」と榎田。

無四球無失点投球を続ける左腕は、中国での無敗&無失点を誓って搭乗した。



http://www.daily.co.jp/tigers/2010/11/11/0003598825.shtml





中国倒す!虎D1榎田、後輩永井に続くぞ



虎のドラ1左腕のアジア大会初先発は15日の中国戦が最有力?。

そうとなれば、日の丸が刺しゅうされたジャージーを身にまとった榎田が発奮するのも当然だ。

後輩の大活躍に負けじと、完全アウェーの敵地を沈黙させる

 

「昨日(8日)、永井が点を取っていましたから。

そういうところ(アウェー)を気にせず、

自分の投球スタイルを貫くだけです。

ヤジは中国語がわかんないんで、大丈夫だと思います(笑)」

 

前日8日に福岡大時代の2学年下だったサッカーU21代表FW永井が

中国戦で1ゴール1アシストと奮闘。

尖閣問題などで厳戒警備が敷かれる異様な空気を振り払う強心臓ぶりをみせた。

 

その情報はすぐに榎田の耳にも入った。

自身も打者の懐を攻める強気の投球スタイルが売りだ。

ハラの据わった男なら、どんな環境下でも、後輩に続く輝きを放つに違いない。

 

また、多種多様な競技の一流選手が集まるチャンスを生かす。

五輪の競泳平泳ぎで2大会連続2種目制覇を果たした北島康介ら、

超一流アスリートにアドバイスを請う考えも明かした。


「種目は違いますが、トレーニングだったり、生かせることは生かしたい。

日常生活や普段どういう過ごし方をしているのかとか、

食事面も勉強になると思うので聞いてみたいです」

 

選手村では同じ棟で生活するだけに、接触の機会は多いはず。

積極的にコミュニケーションを図るつもりだ。

「初めての海外に不安はありますが、体調管理をうまくやりたい。

結果を残して、社会人野球のレベルの高さを見せられたらな、と思います」

10日に中国に出発予定。金メダルはもちろん、数多くの金言を手土産にしてみせる。



http://www.sanspo.com/baseball/news/101110/bsb1011100505004-n2.htm




■ やっくんのコメント ■


野球日本代表が、ブーイング起きたって報道が無かったな・・・





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━








オーストラリアリーグの発展を確実にし、2020年五輪で野球が見られるようにしたい


オーストラリア・プロ野球リーグがファンの声援受け11年ぶり復活・・・

米大リーグ機構が全面的にバックアップ、日本も選手を派遣



11年ぶりに復活したオーストラリアのプロ野球リーグ(ABL)。
シドニー・ブルーソックスの本拠地ブラックタウン・オリンピック・パークでは、
待ちわびたファンが熱い声援を送った。


地元シドニーのファン、ジェフ・テイラーさん(32)は、

「選手たちがここでプレーするのを待ち望んでいた」と笑顔。

グラブ片手にファウルボールを追う子どもたちの姿も多い。


以前のプロ野球リーグは財政難に陥り、1999年に中断。

今回の新リーグには6チームが参加する。
米大リーグ機構が経済面と運営面で全面的にバックアップ。
イニングごとにマスコットが登場するなど、観客を巻き込む工夫もされている。


日本からは巨人とソフトバンクが選手を派遣。

メルボルン・エースズに巨人から派遣された星野真澄投手(26)は

「パワーがある」と豪州野球を評す。


「日本に帰ったときに変わったなと言われるよう、

変化球やコントロールで一つでも学んでいきたい。試せる場所です」と前向きだ。

 

こうした「外国人」選手の参加は「確実に野球の質を上げる」と関係者は口をそろえる。


米国や日本以外にも、韓国、インド、欧州など選手の顔触れは国際色豊かだ。
豪州野球連盟のジェフ・ピアース理事長も、
「リーグの発展を確実にし、2020年五輪で野球が見られるようにしたい」と、
新リーグの活性化に期待を込めた。 


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101126-00000007-jij-spo










関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

薬球ちゃん

Author:薬球ちゃん
ニックネーム:薬球ちゃん 
自称「3代目・やっくん」
性別:男
血液型:本田△と同じAB型

自己紹介
元巨人ファンです。
その前は、西武でした。
巨人ファン時代は、
全選手の背番号と
顔・プレーを覚えてるくらいの
元焼き豚。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。