スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011【9】 スポーツ名勝負1位は、日シリ・・ハガキ投票。毎日・ネットのアンケートは不正確。

2011【9】 


スポーツ名勝負1位は、日シリ・・ハガキ投票。毎日・ネットのアンケートは不正確。


2011【8】 

サッカー選手は、あいさつを考えてきてベラベラ喋ってた。斎藤佑樹、グアムでも人気。



2011【7】 

横浜ドーム建設へと市民団体再結成・・横浜スタジアムと複数年決定的。山形命名権0。



2011【6】 
もしドラ作者、浅田真央の練習邪魔する。MLBジャパン代表「競争相手はサッカー」。



2011【5】 

小田嶋隆、持ってない男2位に斎藤佑樹。岡村「野球関係者は高圧的に話してくる」。


2011【4】 

4年連続赤字のNPBと年金。ロッテ赤字20億円。球団経営圧迫は選手の年俸が原因。



2011【3】 

野球U?26代表の試合、複数球団の反対で白紙消滅。


2011【2】 
集客に苦しむJリーグの水増し問題は追い込まれた状況の裏返し。


2011【1】 

WBCとWC、子供はWCを多く見てる・・同時間帯で大差。Jと巨人もサッカー。










2010年心に残るスポーツ名勝負1位に選ばれたのはプロ野球の日本シリーズ



でん六が今年のスポーツシーンの中で最も印象的だったのは何かを問う

「2010年心に残るスポーツ名勝負」のアンケート調査結果を発表。


1位には意外にもあのスポーツが選ばれた

1,923通の応募を集計した。

バンクーバー冬季オリンピックや
サッカーW杯など世界的なスポーツイベントが

目白押しだった2010年のスポーツシーン。



アンケートで1位になったのは、

千葉ロッテマリーンズがパ・リーグ3位から一気に日本の頂点へと駆け上った

「プロ野球 日本シリーズ」(727票)だった


第6戦では延長15回でも決着がつかず引き分けとなり、

最終戦でも8対7と白熱した試合が展開されたのが印象に残ったようだ。


2番目に票を集めたのは、カメルーンとデンマークに勝利しグループリーグ突破を
果たしたサッカーW杯南アフリカ大会(275票)。


3位には全日本女子が32年ぶりのメダルを獲得という

快挙を成し遂げた世界バレー(268票)が入った。


そのほか、双葉山の連勝記録に挑んでいた白鵬を稀勢の里が破った

大相撲九州場所の白鵬と稀勢の里の一番(105票)や、

浅田真央とキム・ヨナの高レベルでの争いが注目されたバンクーバー
オリンピックのフィギュアスケート(103票)が名勝負としてランクインした。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101227-00000024-rbb-ent




【スポーツ】2010年心に残るスポーツ名勝負1位に選ばれたのはプロ野球の日本シリーズ
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1293474400/





6 名前: 名無しさん@恐縮です 投稿日: 2010/12/28(火) 03:31:44 ID:MXrQh4Oz0
ここまで必死だと、もうなんか泣けてくるね


7 名前: 名無しさん@恐縮です [sage] 投稿日: 2010/12/28(火) 03:33:16 ID:sRK4Wr8o0
よかったなぁ、野球



10 名前: 名無しさん@恐縮です 投稿日: 2010/12/28(火) 03:34:38 ID:3qB474Ra0
でん六好きな人は野球って感じはするなw


12 名前: 名無しさん@恐縮です 投稿日: 2010/12/28(火) 03:35:08 ID:w665zChe0
でん六でググったら山形の菓子会社で、モンテディオ山形の袖スポンサーらすいw


100 名前:名無しさん@恐縮です:2010/12/28(火) 04:06:05 ID:gZTr9ykF0
>>88
いまどきハガキかよw

焼き豚老人の組織票すげーな

やきうが一位なのも納得


122 名前:名無しさん@恐縮です:2010/12/28(火) 04:16:01 ID:gZTr9ykF0
やはり
でん六商品を好んで食べてわざわざアンケートに答えてハガキ出す老人には
やきう人気あるね


178 名前:名無しさん@恐縮です:2010/12/28(火) 05:07:45 ID:gZTr9ykF0
>>167
スレの流れ読んでくれよ
↓これが欲しい老人がわざわざハガキアンケートに答えたからだよ
老人はやきうが大好きだしやきうが1位なのは当然

でん六スポーツ観戦セット
http://jisin.jp/image?mode=show_image&cb_image_id=35327&rand=25b261993e75c3691898e2e0f822f8ec&w=610&h =


229 名前:名無しさん@恐縮です:2010/12/28(火) 06:23:48 ID:UAUb1WXUO
アンケート結果はさておき、でん六の購入層が浮き彫りになった事になんかワロタ
うちのじいちゃんよく買ってたわ


261 名前:名無しさん@恐縮です:2010/12/28(火) 07:02:54 ID:ylQa9zqPO
わざわざハガキによるアンケートにしている所がミソ。
PC扱えない焼き豚おGちゃん層を当て込んでいる魂胆が見え見えw


271 名前:名無しさん@恐縮です:2010/12/28(火) 07:10:19 ID:ifbKQVoDO
何事かと思ったらハガキのアンケートか、納得





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




毎日新聞 ネットの世論調査は不正確 

新聞社による固定電話を対象とした世論調査こそが正確な数字



マスコミの世論調査に対し種々の批判があるが、

その中に「電話調査は固定電話が対象で、

携帯電話しか使わない若者の意見が反映されないから不正確だ」
「若者はインターネットを利用しているからネット調査のほうが正確だ」といった声が少なくない。

しかし、調査を詳細に分析すると、こうした批判は、
客観的なデータに基づかない感覚的な議論であることが分かる。

調査の正確さを常に検証するのは当然だが、

冷静に数字を分析し、活用してほしい。


まず携帯電話しか持たない「携帯限定層」の問題を考えよう。

確かに電話世論調査は家庭の固定電話が対象で、

携帯電話にはかけない。
とはいえ、ふだん携帯電話しか使わない人も、

自宅に固定電話があれば対象になる。


毎日新聞の世論調査は、対象の固定電話番号をランダムに作成して電話する。

最初に出た人にだけ回答を求めることはしない。
まず有権者数を聞き、複数いる場合は

その中から無作為に1人を選んで調査を依頼する。

対象者が不在なら、帰宅を待ってかけ直す。


携帯電話しか使わない若者でも、家族と同居していれば対象者に含まれることになる。


◇携帯のみ保有、全体の5%

それでは、固定電話がない携帯限定層は、実際どれだけいるのか。

これを知るため、昨年9月と今年9月の面接世論調査で、
携帯電話と固定電話の保有状況を聞いた。

2回とも結果はほぼ同じで、

今年の調査結果は▽携帯と固定両方保有76%
▽携帯のみ保有5%▽固定のみ保有17%??だった。

年代別の携帯限定層の割合は▽20代17%▽30代14%
▽40代2%▽50代3%▽60代2%▽70代以上1%。

携帯しか持たない20?30代は他の年代よりかなり多いが、

それでも6、7人に1人だ。

意識の違いはどうか。固定保有層(固定)と

携帯限定層(携帯)に分けて調査結果を比較すると、

多くの回答に極端な違いは見られなかった。


例えば憲法改正論議への関心の有無は、

固定では「ある67%・ない33%」、携帯では「ある65%・ない35%」とほぼ同じだった。
自衛隊をいつでも海外に派遣できる法律制定への賛否は、

固定「賛成35%・反対57%」、携帯「賛成48%・反対48%」と、
やや違いがある。この数字をどう読み解くか。


自衛隊派遣法について、20?30代で比べると、

固定は「賛成41%・反対53%」、携帯は「賛成45%・反対51%」と、差がなくなる。
固定保有層に占める20?30代の割合は約3割。

一方、携帯限定層に占める20?30代は約7割。


20?30代の意識は固定層・携帯層でほとんど違いがない。

つまり、全体の「固定と携帯の意識の差」は、
固定保有層と携帯限定層の年代構成の違いが大きく影響したと考えられる。


面接調査の全83項目を、携帯限定層を含めた場合と含めない場合で比べると、

19項目で数字が1ポイント異なっただけで、残り64項目は同じだった。


◇ネット調査は有権者の縮図?

携帯限定層が増えているのは事実だ。

その人たちを調査対象に取り込んでいく仕組みは検討する必要があるが、
現状の調査の正確さに問題はないことを理解してほしい。


次にネット調査だが、電話世論調査とネット調査の違いで最近クローズアップされたのは、9月の民主党代表選だろう。
新聞社の世論調査で菅直人首相より支持が低かった小沢一郎元代表が、

インターネット調査では上だったことで、
小沢氏を応援する政治家らが「ネットは小沢圧勝と出ている。

大手新聞社の世論調査では、
国民がいろいろ知らされないまま答えていると思う」

(達増拓也岩手県知事)などと、

盛んに小沢氏の“ネットでの人気”を主張した。
(続)

だが、これらの数字を見る際に注意しなくてはならないのは、

どのような人を対象に回答を求めているかだ。

ネット調査は、「調査会社の登録モニターが対象」と

「調査のホームページを見た人なら誰でも回答できる」の2種類に大別できる。

登録モニターは通常、調査会社の募集に自ら「答えてもいい」と応募した人。

この全員が対象でも、その中から無作為に選んだ人が対象でも、
「有権者の縮図」にはならない。


まして、誰でも回答できる調査は、

無作為抽出の世論調査とは根本的に性格が異なるし、
同じ人が何回も答えられる場合も多い。

ネット調査は、回答者に限った意見の分布を示すだけで、
有権者全体の意見の分布を示す「世論」と同一視できない。

都合のいい数字だけを取り上げ、利用するのは間違っている。

この命題は、我々報道する側にもあてはまる。
信頼できないデータに基づく主張は避けるべきだ。(世論調査室)(終)


毎日新聞 記者の目:世論調査「固定電話対象」は正確か=福田昌史
http://mainichi.jp/select/opinion/eye/news/20101126k0000m070123000c.html



■ やっくんのコメント ■


新聞を読め!新聞を信じろ!ってことだw




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

薬球ちゃん

Author:薬球ちゃん
ニックネーム:薬球ちゃん 
自称「3代目・やっくん」
性別:男
血液型:本田△と同じAB型

自己紹介
元巨人ファンです。
その前は、西武でした。
巨人ファン時代は、
全選手の背番号と
顔・プレーを覚えてるくらいの
元焼き豚。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。