スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011【4】 4年連続赤字のNPBと年金。ロッテ赤字20億円。球団経営圧迫は選手の年俸が原因。

2011【4】 


4年連続赤字のNPBと年金。ロッテ赤字20億円。球団経営圧迫は選手の年俸が原因。


2011【3】 

野球U?26代表の試合、複数球団の反対で白紙消滅。


2011【2】 
集客に苦しむJリーグの水増し問題は追い込まれた状況の裏返し。


2011【1】 

WBCとWC、子供はWCを多く見てる・・同時間帯で大差。Jと巨人もサッカー。





4年連続赤字決算のNPB、年金の解散は確実に!

「生活権の侵害だ!」と怒りを露わにするOBも

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101229-00000529-san-base



日本野球機構(NPB)はセ、パ両リーグの公式戦、交流戦の日程を発表したが、

オールスター戦の日程はまだ発表していない。


球宴期間(7月21日?25日)の予定が空白となっているのは、

当初予定の2試合から、3試合になる可能性が浮上しているからだ。


2002年以来、2試合だった球宴の試合増が検討される背景には、

選手年金の存在がある。

1964年に始まった現行の選手年金制度は、

低金利に伴う運用難で約52億円の積み立て不足に陥った。
税制上の優遇措置は法律で12年3月末に廃止される。

現行の給付水準を保つにはNPBが毎年、拠出している約5億円を

大きく上回る巨額な資金が必要になる。

4年連続赤字決算のNPBには難題で、年金の解散は確実になっている。

試算では、OB約800人、現役約800人の加入者全員が、

掛け金を上回る分配金を得られるという。
ただ、分配金の支払いで、NPBは内部留保の多くをはき出す。

解散後、新たな福利厚生制度を構築するには原資が欠かせない。


こうした状況から、日本シリーズと並んでNPBの収入の柱である

球宴の試合を増やす構想が持ち上がった。

球宴1試合制を理想とする日本プロ野球選手会は

「アマチュア球界への助成など、

広く野球振興にも役立ててもらえるのなら協力は惜しまない」

(松原徹事務局長)としている。


しかし、試合となれば球宴は新鮮味を失う。

代案として考えられるのが、

日本選手チームと外国選手チームによる対決だ。
1995年、阪神大震災の被災者を支援する目的で行った例がある。

このときは経費を除いた1億1千万円を被災地に寄付したが、

構想には懸念もある。


相対的に球宴の価値が低下し、入場料収入や協賛金が減れば、

元も子もなくなるからだ。

「球宴期間にやるのは難しいのではないか」。

セ・リーグ球団幹部は悲観的な見方を示す。


NPBは年金に代わる新たな福利厚生制度を模索するが、

具体的な進展はない。

候補には私的年金の加入者にNPBが助成金を出す案などが挙がる。

年金の専門家は「年金型や養老型といった積み立てタイプの保険が利用できる」と見る。

生保と組み、まとまった人数が加入すれば、

“オーダーメード”の保険も作れるという。


だが、肝心な原資の確保に四苦八苦するのが現状だ。

活躍すれば億単位の年俸を得られるプロ野球界とはいえ、

そうした選手は一握りだ。監督、コーチとして球界に残れる者も限られている。


選手の多くは、引退してからの生活の方が長い。

年金をあてにしていたOBは少なからずおり、

9日に東京都内でNPBが行った年金解散にむけた説明会では
「大変な問題。生活権の侵害だ」と怒りを露わにするOBもいた。


プロ野球OBクラブの黒江透修理事長は「新制度を作るなら、

プロに入ってよかったと思えるようなものを検討して欲しい」

と次代の選手のために注文をつけた。






日本シリーズがテレビから消え、NPBは選手の年金も払えなくなる…

野球界の先行きが心配だ


記 者 日本シリーズのテレビ中継の割り振りが決まりました。

7試合中、3試合が全国中継なしですね。


デスク 史上初じゃないのか。地上波がやらないってのは。


記 者 1、2戦は名古屋のローカル中継とBS、CSのみ。5戦もBS、CSのみになりました。
     しかも、4戦が雨で順延になったら、全国中継はなし。


デスク ってことは、中日かロッテのどっちかが3連勝して、

4試合目が雨で流れたら、最悪全国中継は1試合だけか。


記 者 ですね。


デスク シリーズの放送権料はNPBのドル箱だからな。


記 者 昨年の巨人―日本ハムは6試合で5億6700万円だったそうですから、

半分以下になるでしょうね。


デスク 巨人が勝ってたり、デーゲームだったらテレビもやったんじゃないのか。


記 者 という話もあります。巨人が勝ったら、1、2戦と6、7戦は日テレと決まっていました。
     デーゲーム開催は、中日の落合監督が選手のコンディション維持を理由に反対したそうです。


デスク その理由もわからなくもないが、地上波でやんなきゃ今後が心配だな。


記 者 先日のCSファーストステージの阪神―巨人戦は関西ローカルで中継されましたが、
     そのときの放送権料が4000万円だったそうです。


デスク それでも、安いわな。


記 者 今回のシリーズの放送権料は、5000万円前後とみられてます。


デスク NPBの収入が減ったら、選手の年金が払えなくなるぞ。


記 者 野球界の先行きが心配ですね。


http://news.www.infoseek.co.jp/gendainet/sports/baseball/story/28gendainet000128875/




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




千葉ロッテ、20億円の赤字



◇ロッテの収入、過去最高の80億円 それでも赤字20億円



ロッテの瀬戸山隆三球団社長は29日、
今季の収入が過去最高の80億円となり、
赤字を前年に比べて13億円減の20億円に削減したことを明かした。

千葉市の千葉マリンスタジアムで取材に応じた瀬戸山球団社長は
「重光オーナー代行から1カ月の赤字は1億円と言われている」
とし、来季から2年間で収入85億円、赤字12億円を目標に掲げた。
収入増の主な要因は、日本シリーズ進出に伴う収入や、
約4億2400万円といわれる西岡の大リーグ移籍に伴う入札金額。
また、選手全体の年俸も約5億円削減した。
収入は2004年の20億円と比較すると4倍となった。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101229-00000526-san-base




194 名前: 無礼なことを言うな。たかが名無しが 投稿日: 2010/11/06(土) 23:04:47 ID:eW8FMPUC
今日発売の日刊ゲンダイ(2010/11/6)

ロッテナインの活力は「5億円」 [日本シリーズネット裏情報]


http://v.gendai.net/q/jskycmi/Aa8qjdxDAAUMS9zOvPeRfJ4FJh9G4F9aqzBHFF1ro96qMQuASayqvKqAQoBPHKocqoBNgEUcqkyqgEqgMDAwMDAw/q?i=article%2Fdetail&aid=218336&p=1



リーグ3位からCSを勝ち上がり、日本一に王手をかけたロッテ。

その原動力はずばり、カネだという。

 

CSはすべて相手本拠地の試合だったため、ロッテに入る入場料収入はなし。

それが日本シリーズに進出。
本拠地で3試合やったこともあり、

今回のシリーズで5億円の利益を得る見込みといわれている。
その利益を少しでも多く自分たちのフトコロに入れたい一心で、

選手が目の色を変えているというのだ。
さるマスコミ関係者がこう言った。

「利益が出たといっても、勝ち進んだことで、

宮崎で調整を余儀なくされるなど余分な諸経費がかかったと聞いています。

しかも、球団は今季25億円程度の赤字を見込んでいる。
その補填にも回るだけに、日本シリーズで得る5億円が

すべて選手に還元される保証はない。
少ないパイを取り合わざるを得ないので、

選手は血眼になってプレーしているんですよ」

ロッテから日替わりヒーローが生まれるのももっともか。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





中日・西川社長「球団経営を一番圧迫しているのは選手の年俸」…

年俸が一定の額を超えた選手に出来高制“新年俸制度”導入を検討


中日西川社長が「出来高制」新年棒検討


中日西川順之助球団社長(78)は28日、

来年オフにも“新年俸制度”の導入を検討することを明かした


名古屋市内の球団事務所で行われた仕事納めで、

同社長は優勝したにもかかわらず、観客動員が前年比マイナス
4・6%、約10万人減少のシーズンを、こう振り返った。


「シーズン席の売れ行きが悪かったが、それは景気の問題が大きい。

1つの企業がこれまで20席買ってくれていたのが10席になった。

ただ、クライマックスシリーズに出場したことでその分を穴埋めすることができた」。
現在の経済情勢が最大の要因と分析。


その上で、厳しい社会情勢の中で球団経営を行っていくには

選手の年俸を見直す必要があるとした。

「球団経営を一番圧迫しているのは選手の年俸。1

度、ある程度まで上がった人はなかなか下がらない仕組みだから、

ある一定のところから上がる人は出来高というのも考えないと」

現在の野球協約では減額制限(年俸1億円を超える場合は40%、

1億円以下の場合は25%)が設けられており、
1度上がった年俸は本人の同意なしには大幅に下がらない仕組みになっている。

それだけに年俸がある一定の額を超える選手は、

出来高を中心に昇給させる考えを明かした。


中日は年俸2億円を超える選手を4人抱えている。

人件費が経営を圧迫するようであれば、

年俸制度の見直しを視野に入れるというわけだ。

ただ、今オフ、新査定制度を導入したソフトバンクは選手側の反発を招いた。
ベースである年俸を抑えることに選手側も神経質になると予想される。

景気が上向き、シーズン券が売れれば別だが、

2年連続で観客動員が減少する中、

厳しい経営判断を迫られる可能性はある。

 

http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20101229-718921.html

仕事納めで職員を前にあいさつする中日の西川球団社長(左端)
http://cache2.nipc.jp/baseball/news/img/ng-bb-20101229-01-ns-big.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

薬球ちゃん

Author:薬球ちゃん
ニックネーム:薬球ちゃん 
自称「3代目・やっくん」
性別:男
血液型:本田△と同じAB型

自己紹介
元巨人ファンです。
その前は、西武でした。
巨人ファン時代は、
全選手の背番号と
顔・プレーを覚えてるくらいの
元焼き豚。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。