スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買収決裂【8】 「残留するからには強くなって欲しい」・・赤字、買収になったことが分かってるのか?

買収決裂【8】 


「残留するからには強くなって欲しい」・・赤字、買収になったことが分かってるのか?


買収決裂【7】 

ノジマ、TBSからオファーあれば。決裂の原因は移転だった・・静岡など。



買収決裂【6】 

TBS、来季も球団保有・・球団社長「横浜で出来て喜んでいる」。住生活に不快感。



買収決裂【5】 

住生G副社長「鹿島アントラーズの応援強めたい」。打ち切り後に住生活の株価急騰。



買収決裂【4】 

住生活G、横浜ベイスターズ買収交渉打ち切り・・TBS幹部も「えーっ」。



買収決裂【3】 

民間資金で横浜ドームを・・尾花監督にしてね・・、住生会長「うっとうしい」。



買収決裂【2】 

「地上波でお見せできなくて申し訳ない」。「何をもって人気の低下と言われるのか」。


買収決裂【1】 

鐘ヶ淵とさまぁ?ずに負けた日シリ・・鐘ヶ淵と墨田区って?。第5戦、千葉テレビ。





横浜球団売却交渉決裂に横浜市の林文子市長「見守りたい」 

松沢成文神奈川県知事「大きな理念を持った企業がふさわしい」



TBSホールディングスと住生活グループの横浜球団売却交渉が決裂したことについて、
横浜市の林文子市長は27日の定例記者で、
「報道で知ったが、大詰めの交渉で(もうすぐ)決まるという話を聞いていたので、少し驚いた。
ただ、(売却は)球団とTBSの問題なので市としては見守っていきたい」と述べた。
市としての支援については
来年以降横浜でやってもらえるなら、集客の面で支援していきたい」と改めて強調した。
松沢成文神奈川県知事も同日、県庁内で報道陣に
「経緯は分からないが、プロ野球球団を抱える企業は利益だけでなく、
地域発展に尽くすという大きな理念を持った企業がふさわしい」と語った。 





横浜応援団「TBSは代わってほしかった」
「大した補強もせず、球場では番組宣伝ばかり」

プロ野球・横浜ベイスターズの球団買収交渉を巡り、
親会社の東京放送(TBS)ホールディングスが
27日、来季も球団を保有する方針を示し、
横浜から球団の本拠地が移転する事態はひとまず回避された。

球団の横浜残留を訴えていたファンや加地隆雄球団社長、
林文子市長らは安堵(あんど)の表情をみせたが、

ファンの間からは「残留する以上は、もっと強い球団にしてほしい」などの声も上がった。

「みんなの思いが伝わった」――。
球団の横浜残留を求め、20日から署名活動を行っていた
“ファン御用達”レストラン「ヤンキイス」社長の石野晶さん(57)は、声を弾ませた。

石野さんはこの日、約8000人分の署名を林市長に提出。

提出は元々予定されていたが、
「絶好のタイミング。
これを起爆剤に市民が球団を応援するきっかけになれば」と語った。
加地球団社長は午後、球団事務所で記者会見を開き、
「引き続き、横浜をフランチャイズとして試合ができることを喜んでいます」
とほっとした表情。

来季以降の球団経営については「地域に根ざした、
横浜市民に愛される球団作りをし、
チームが強くなることで地域の活性化に努めたい」と強調した。

また、球団の横浜残留を訴えていた林市長も
「大変うれしい。今後は、集客が経営の安定化につながると思う。
そういう側面でお手伝いをしていきたい」と話し、
松沢知事も「今後も、地元のチームとして応援していきたい」と話した。

ただ、親会社のTBSは27日開かれた記者会見で、
再来年以降の球団の保有については明言を避けており、
ファン歴30年の横浜市都筑区の会社員市来孝明さん(50)
「来年もまた買収交渉の話が出てくると思うので心配だ。
観客を動員するためにも強くなってほしい」と訴えた。

また、横浜ベイスターズが今季、3年連続最下位でシーズンを終えたこともあり、
今回の決定に不満をにじませるファンもいた。

私設応援団「全国星覇会」副会長の早川武尊さん(32)は
「本拠地が残ったことはよかったが、
オーナーは代わってほしかった。
大した補強もせず、球場では番組宣伝ばかり。
数年後を見据え、しっかり補強してほしい」と辛口だった








横浜ファンはもっと声を上げるべき 
球団存続を願う思いが表に出てこない

TBSホールディングスと住生活グループとの間で進められていた
プロ野球・横浜ベイスターズの売却交渉が決裂した。

双方から買収が成立したことを前提としたような発言が
繰り返されていただけに、急転直下のご破算は驚きだ。

交渉決裂の理由について、住生活Gは「諸条件が合わなかった」とし、
TBS側も詳細は語らなかった。

ただ、関係者は本拠地問題が障害になったことを示唆している。

本拠地という重大な問題が交渉のネックになっていたのなら、
なぜ、あたかも合意間近であるかのような説明がなされてきたのか。
両者の対応は、球団の未来に一喜一憂する
ファンを愚弄(ぐろう)したものともいえ、大変残念だ。

これで来季は、引き続きTBSがオーナーとして球団を運営する可能性が高くなった。

ここまで身売り騒動を引き起こした以上、
来シーズンも厳しくなるのは確実だ

TBSは来季以降の球団売却に含みを持たせており、
一年を通じて売却先がどこになるか、その動向が話題に上ることになるだろう。

そんな不安定な状態は、新人選手獲得や
フリーエージェント(FA)選手との契約に悪影響を及ぼすことも考えられる。

TBSは、これまで以上にしっかりとした責任感を持って経営に当たらなくてはならない。

今回の騒動で、もう一つ気になったことがある。

それは、球団存続を願う横浜ベイスターズファンの思いが、
あまり表に出てこないことだ。突然の身売り交渉発覚以降、断片的に伝えられてきた
交渉経過を、多くのファンがかたずをのんで見守ってきたことだろう。

だが、球団の存続を願うそれぞれの声が、
関係者に十分に届いていたとは言い難い。

阪神などと比べ、ベイスターズファンはおとなしいといわれている。
それが都会的な横浜の街のイメージとも重なり、
むしろ持ち味といってもいいだろう。
ただ、今は「ベイスターズは自分たちの球団だ」と、
もっと大きな声を上げるべき時ではないだろうか。

球団経営は、一人一人のファンの力ではどうにもならない大きなビジネスだ。
しかし、プロ野球が、
その一人一人のチームへの思いに支えられているのも、
紛れもない事実である。
「市民の球団」を誇りに思う声は必ず、TBSにも、未来のオーナー企業にも届くはずだ。 



■ やっくんのコメント ■

ファン心理は分かるけど、なぜ赤字になったのか?
なぜ買収になったのか?

>横浜市都筑区の会社員市来孝明さん(50)と
私設応援団「全国星覇会」副会長の早川武尊さん(32)

球団がどういうことになってるのか分かってるのかな?

野球関係者・マスコミ・野球ファンは、変なんだよね?
これが野球脳なのかね?




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

>ファンを愚弄(ぐろう)

ファンを愚弄してない球団が思い浮かばない。
ぶっちゃげ、日本ヤキウの歴史=ファンを愚弄する歴史。

2 ■無題

ちなみに以前は友人と一緒になって磐田のファン(サポまで無い感じです)でした。
友人は磐田の母体となっているヤマハ発動機で発電機買ったり、
自分が経営している施設でヤマハの電子ピアノ買ったり。
好きなクラブに金を出してくれているスポンサーを少しでも贔屓したいのが
Jサポ、ファンの心理ではないでしょうか?
でもTBSじゃ、その心理も薄れちゃいますかねw
野球ファン自体がJサポの心境になっていないのかも。

3 ■無題

ロクにスタジアムに足を運んでこなかったクセに、いざ球団身売りとかフランチャイズ移転となると急に騒ぎ出す人達は何なのでしょう?

あなた方が普段から足を運んでいれば身売りも移転も防げたのに、それを棚に上げて被害者面するのは見苦しいですねw

4 ■無題

サッカーはホーム
野球はフランチャイズ

フランチャイズって響き、いいよね

5 ■無題

そもそもTBSが欲しかったのはベイが持ってるかつてはドル箱だった巨人戦の放映権だから、ベイなんかどうでもいいんでしょう。

6 ■無題

>観客を動員するためにも強くなってほしい
それをするためにはお金がいるわけで
そのためにはファンが球場にいく事で・・・

なんか鶏と卵みたいにきりが無いなあ
ただ、この強くなって欲しいといってる人は
どうも他人事のように捕らえてる様に
聞こえてしょうがないのですが

7 ■コメ8

@ ポークカレーさん

同意w

@ リッケンさん

うちの父親も一緒ですねw
さすがにヤマハ製品は買いませんでしたがw

ですね。。

@ ・・・さん

佐藤藍子みたいな感じなのかもですw

@ やきう好きさん

コンビニみたいですよねw

@ 元ヤクルト豚さん

その巨人戦もお荷物ですからねw


@ 閑人さん

オレもそう思いますw

プロフィール

薬球ちゃん

Author:薬球ちゃん
ニックネーム:薬球ちゃん 
自称「3代目・やっくん」
性別:男
血液型:本田△と同じAB型

自己紹介
元巨人ファンです。
その前は、西武でした。
巨人ファン時代は、
全選手の背番号と
顔・プレーを覚えてるくらいの
元焼き豚。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。