スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロ野球崩壊 第一章 パクリ・犯罪軽視・アジアシリーズ失敗

プロ野球崩壊 

Jリーグ崩壊という、ノストラダムスの予言以下の外ればかだった本がありましたが・・

プロ野球崩壊は、現代=未来のプロ野球を書いていきます。

著者 江藤健策


第一章 パクリ・犯罪軽視・アジアシリーズ失敗

プロ野球といえば、今や人気№1のサッカーから、
色々パクってきましたが・・・・

サッカー以外のスポーツからも、パクッちゃいましたよ・・・


“さむらい”マネしないで!男子ホッケー代表すでに命名 
日本ホッケー協会が野球機構など関係団体に抗議文を提出

来年3月に開催される野球の国・地域別対抗戦、
第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)
日本代表
を率いる巨人・原辰徳監督(50)が12日、
6人のコーチとともに都内で就任会見を行った。

日本代表の正式な愛称は「SAMURAI JAPAN」に決定した。

日本ホッケー協会今年3月、全国から公募して北京五輪最終予選に
挑む男子日本代表チームに「さむらいJAPAN」の愛称を命名すると同時に
商標登録を出願
していた。

同協会によると、11日に野球側から通知を受けたが、
「商標類似」などルール上の問題はないとの説明を受けたという
とはいえ、同協会幹部は「同じスポーツ界でいかがなものか。
露出の差を考えれば、こちらがマネしたと思われる」と不快感を示した。

同協会は12日、野球機構など関係団体に抗議文を提出した。

岡部幸一・広報事業委員長は「もちろんWBCで日本が世界一になることを願っている。
ただ“さむらい”は以前からホッケーが使っていたことも知ってもらえれば」と話した。

加藤コミッショナーは会見で「SAMURAI―」が
すでにホッケー男子日本代表の愛称として使用されていることを説明。
「双方の代表チームが『SAMURAI JAPAN』として親しまれ、
世界で活躍できるように応援をお願いしたい」
と呼びかけた。

http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/etc/news/20081113-OHT1T00046.htm


野球は、ドラえもんに出てくるジャイアンと言って良いだろう。

読者のみなさんは、ジャイアンのこのフレーズをご存知だろうか?

「俺の物は、俺の物。お前の物は、俺の物。」

そう・・まさしく、野球はジャイアンなのだ。

人の物をまさしく自分の物として、奪い取ってしまうのだ。

野球機構は、もう自分たちの愛称だと言わんばかりの
上から目線の行動と発言。

第2回ワールド・ベースボール・クラシックで、
サムイ(寒い)ジャパン、オワライ(お笑い)ジャパンと言われるだろう。

ところで、野球は、全日本で良いと思うのだが・・・・

前にアンケートで、日本代表っていうと思い付くのが、
サッカー日本代表だった。


野球は、犯罪を軽視している

西武・デーブ大久保コーチ 警視庁品川署から傷害容疑で書類送検


大久保コーチ 傷害容疑で書類送検

西武の大久保博元打撃コーチ(41)が14日、
警視庁品川署から傷害容疑で書類送検された。

調べによると8月上旬、東京都内で30代の知人女性の腕などを殴って
軽傷を負わせた疑いだが、同コーチは「殴っていない」として容疑を否定している。

前田球団本部長は「ファンと野球関係者に大変申し訳なく思っている。
現時点で何らかの対応をすることは考えていない」と話した。


http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2008/11/15/04.html


前田球団本部長が、現時点で何らかの対応をすることは考えていないと
発言
しているが、これは大問題ではないのか?
書類送検されている人間をベンチ入りさせるのは、どうなのだろう?

野球は、子供達に健全を与えるスポーツだと言ってるが、
これだと暴行しても、野球でベンチ入りできるのだと思ってしまう。

ただでさえ、高校野球は、暴行事件だらけなのに・・・



アジアシリーズは、失敗↓


アジアシリーズ存続ピンチ…観客動員は屈辱の4ケタ
地上波中継もなく「まるで罰ゲーム」


アジアNo.1の座を争う」アジアシリーズが、
冠スポンサーの撤退と観客動員減のダブルパンチに見舞われている。

このままでは来季以降の大会存続も安泰ではない」との声も浮上
日本、韓国、台湾、中国のチャンピオンが集結する大会は、
ここへ来て大きな危機を迎えている。

4年目の今年、西武は日本チームとしては例年にない苦戦を強いられている上、
観客動員でもあまりにお寒い4ケタを連発している。

西武の今季公式戦の観客動員数は、5位に沈んだ昨年に比べれば29.5%増で
12球団中トップの伸び率を示したが、総数では7位(141万3583人)どまり。
西武が日本一になった時点で、アジアシリーズのスタンドに閑古鳥が鳴くのは
ある程度予想できた


さらに今回は、前回まで冠スポンサーを務めていたゲームメーカーの「コナミ」が撤退
冠なしで臨んでいる
NPB(日本野球機構)関係者は「昨年までコナミが供出していた
スポンサー料は3年総額3億円と聞いている。
今回もコナミを当てにしていたところがあった。
最終的にコナミの撤退が決まったのが今年7月で、
わずか3カ月では別の冠スポンサーを見つけるのは無理だった。
もちろん来年は冠を付けたい」と話す。

アジアシリーズ勝敗表と賞金・賞品 巨人の親会社の読売新聞社
昨年まで後援していたが、巨人が出場を果たせないまま、今年は手を引いた

さらに、今年からは地上波でのテレビ中継もなくなった

【目の色違うのは韓国、台湾だけ】

日本一チームの姿勢にも問題がある。
2006年の日本ハムはセギノール、新庄抜きで臨んだ。
昨年の中日も主砲のウッズが大会前に帰国。
今季の西武も、左わき腹痛の中島をはじめ、日本シリーズ胴上げ投手のグラマン、
石井一、西口まで登録から漏れている。
日本シリーズに比べモチベーションの低下は明らか。
外野からは「まるで罰ゲーム」とまで呼ばれるほど
こんな状況下で新しいスポンサーが付くかどうか。

大会創設当時の根来コミッショナーが
「ゆくゆくは、アジア王者とワールドシリーズ覇者との間
『クラブチーム世界一シリーズ』を」とぶち上げたのとは、だいぶ様相が違ってきている

対照的に、「韓国、台湾は力が入っている。選手の目の輝きが違う。
賞金総額1億円というのも、日本以外の3カ国にとっては大きな魅力」と大会関係者は話す。

当初は他国での開催も視野に入れていたが、
韓国はこの時期の気候が寒冷な上、ドーム球場が存在しない。
台湾は気候は温暖だが、運営費の捻出が難しい。
現段階では日本以外での開催は現実的でなさそう。

サッカー・ガンバ大阪がACLを制し、
クラブW杯へ向けてヒートアップしているのを見るにつけ、
アジアシリーズのステータス向上を期待したい
ところだが…。

http://www.zakzak.co.jp/spo/200811/s2008111503_all.html


これも、ACLのパクリだよな・・・・
ACLは、年々盛り上がるのに、アジアシリーズは、衰退していく・・・・。

五輪競技を削除を受けただけのことはある。


そういえば、こんな低脳、無能の野球記者がいた↓

なんで、こんなに騒いでんの?

浦和レッズがアジアチャンピオンズリーグ(ACL)を制した夜、
産経新聞編集局の片隅でテレビ画面をながめ、
あがってきたゲラを目にした野球担当記者がつぶやいた


サッカーのクラブ・アジア王者ってそんなに凄いの? 中日もアジア王者だけど

http://www.business-i.jp/news/enter-page/enter/200711300004o.nwc


まだ、こんな記者が新聞社にいるかぎり、
プロ野球は、着々と崩壊に向かっていくのである・・・


第2章に続く




puroyakyuuhpukai
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

薬球ちゃん

Author:薬球ちゃん
ニックネーム:薬球ちゃん 
自称「3代目・やっくん」
性別:男
血液型:本田△と同じAB型

自己紹介
元巨人ファンです。
その前は、西武でした。
巨人ファン時代は、
全選手の背番号と
顔・プレーを覚えてるくらいの
元焼き豚。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。