スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【大沢親分に菊SP第1弾】 進次郎「市民球団に」。横浜市が球場使用料見直し求めるが、球場側無い。

【大沢親分に菊SP第1弾】 


進次郎「市民球団に」。横浜市が球場使用料見直し求めるが、球場側無い。





大の横浜ベイスターズファンの自民党・小泉進次郎衆院議員が

『市民球団化計画』提唱「東の青ヘル軍団ってのもいいね」

TBSホールディングスが、保有するプロ野球の横浜ベイスターズの売却を

検討していることが明らかになった件で、

自民党の小泉進次郎衆院議員(29)が1日、「市民球団化計画」を提唱した。


新潟市の準本拠地化を検討との報道もあり、

同球団の2軍「湘南シーレックス」の本拠地・横須賀出身の進次郎氏は

「地元の野球を愛する1人として不安」。


球団再建へむけ「広島のような市民球団を目指すべき」とし、

PR面などで全面協力する姿勢だ。


進次郎氏が掲げるベイスターズ再建案は、

市民の活力で球団を支える広島カープをモデルとした“市民球団化計画”だ。

突然の“身売り”が明らかになった愛する地元球団に

「どうなっちゃうんだろう…」と困惑を隠せない進次郎氏。

近年、プロ野球の球団誘致に積極的な新潟市が、

準本拠地化を検討しているとの一部報道に

「地元の野球を愛する1人としてはすごく不安」と心境を語った。


進次郎氏は、関東学院六浦高で野球部に所属。

横浜の2軍「湘南シーレックス」の本拠地・横須賀出身で、

同チームの後援会「湘南シーレックス友の会」

にも名を連ねる大のベイスターズ・ファンだ。

だからこそ、幼いころから慣れ親しんだ地元球団が“衰退”していくのを

黙って見ていられない。

球団と親会社だけでなく横浜、横須賀市民が一体となって球団を作る構想を語った。


親会社の経営難に「どこの企業もお金は苦しい。

だったら、市民が自分たちの手で球団を守るべき。
ベイスターズ側が積極的に市民へ働きかけてはどうか
」。

現在の2軍本拠の横須賀市スタジアムも「横須賀市民球場に名前を変えてはどうかな。

広島市民球場みたいに」。

さらには「カープが西の赤ヘルなら、うちは東の青ヘル軍団ってのもいいね」と、

次から次へとアイデアが飛び出した。


理想は広島カープだ。

ほかの球団と違って親会社がなく、独立採算制で経営。

原爆投下で壊滅状態の広島市で、

県や市の自治体からの出資などで球団運営の資金繰りをして誕生した市民球団だ。

現在、球場の名前にもあるマツダはスポンサーで、

経営参加はしていない。


市民球団化構想にむけて「PRとか、市民球団課とか、

どんな形でも何だって協力します」と、自らが広告塔となって先頭に立つ覚悟も明かした。

親会社の経営悪化、3年連続の最下位と“沈没寸前”の
地元球団の再建を、進次郎氏は誰よりも強く願っている。



http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20101002-OHT1T00027.htm





プロ野球の市民球団とは?↓ウキより



概要

親会社を持たない市民球団として結成されたという、
ほかの球団と比較して特異の歴史を有する
(マツダはカープと資本的に関連してはいるが会社としての球団への経営参加はしていない)。
現在は松田家による同族経営となっている。


1968年
東洋工業(現・マツダ)社長の松田恒次が筆頭株主となり、
球団名を現在の広島東洋カープに改称。
市民球団としての体裁を保ちつつも、
東洋工業をメインスポンサーとする松田家私有の同族経営球団となる。


経営事情

1960年代後半、東洋工業は創業家の松田家と共同で運営会社を全面買収したが、

これには出資者間の主導権争いを収拾しチームの運営を

安定させる意図があったといわれ、

東洋工業はあくまでもスポンサーの立場にとどまり球団経営への介入を控えた。

これは1970年代後半に松田家がマツダの経営から離れ、

さらにマツダがフォード・モーター傘下に入った1980年代以降も変わっていない。

ただし現在もマツダは株を保有し、運営会社はマツダグループに名を連ねている。

このように、実質的にオーナー会社ではなくなった現在でも、

チーム運営に多大な貢献があったことを称え、

チーム名にマツダの旧社名が由来の「東洋」を現在も残している。


親会社の資金援助がなく売上高も小さいことから資金規模は

日本プロ野球でも最小の部類ではあるものの、

セントラルリーグの人気球団との対戦カードを抱え地元の支持も厚いことから、

経営状態そのものは親会社の資金援助なしでは莫大な赤字を出すことが常態である

日本のプロ野球球団の中でも良好な部類であり、

1975年から35期連続で黒字決算となっている。

2009年度は新球場効果もあり過去最高の117億円余の当期売上高を記録した。

年度売上高が100億円を超えたのも2009年が初となる。

資金の無さのチーム事情は選手達も知っていて、

選手達は巨人の選手を見て「1人分(の年俸)が俺たちの年俸何人分養えるのか」と

予想することがもっぱらの話題らしい。

また、選手の年俸も他球団に比べて低く抑えられているため、

年俸が高騰した選手に対して他球団へ売りに出さざるを得ないのが現状である。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




球団売却でも横浜に残って…

林文子市長「市として支える」 経営を支援する考えを示す


横浜市の林文子市長は4日、球団売却の動きが明らかになった

プロ野球の横浜ベイスターズについて

「新しいオーナーがどこになるかは分からないが、
安定的な経営ができるよう、市として支える」と述べ、

本拠地が横浜市に残れば経営を支援する考えを示した

 

具体的な支援方法については

「(横浜スタジアムを管理運営する会社の)株主
として、市が手伝えることがあれば」と話し、

経営を圧迫しているとされる球場使用料の見直しを示唆した

 

市によると、ベイスターズの若林貴世志オーナーと加地隆雄球団社長が

同日午前、市長を訪問。

経緯を説明した上で、本拠地を横浜市に残したい意向を示した。

市長は「必要なら、わたしが交渉相手と会って(球団が横浜に残れるよう)

お願いしたい」と伝えたという。


http://www.sponichi.co.jp/baseball/flash/KFullFlash20101004101.html




横浜スタジアムの社長は、契約を見直さず、

球団努力をすればやっていけるとのこと↓




横浜スタジアム・鶴岡博社長、新球団と契約見直さず

「決して間違った契約だとは思わない。球団が努力すれば、やっていける」



ハマスタ強気、新球団と契約見直さず
 
横浜スタジアムの鶴岡博社長(70)が4日、住宅設備大手
「住生活グループ(リクシル)」が最有力とされる新球団と
スタジアムとの契約を見直さない方針を示した
今季が球団との10年契約の最終年。

球団では経営を圧迫した厳しい契約と言われているが、
決して間違った契約だとは思わない。
球団が努力すれば、やっていける
」と話した。

球団とハマスタとの契約は、入場料収入の25%は球場に。
広告・物販収入も球団には入らず、球場使用料は年間8億円と言われている。
この契約で球団の赤字額は年間25億円前後に。
今回の身売り騒動につながった。
それでも、同社長は人工芝の張り替え、
スコアボードなどの施設料を球場側が支払っているとして、
「他球団の本拠地と比べても、絶対に高いとは思わない」と、







関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

小泉議員は野球部出身でありながら
現在は息抜きにフットサルをするという
野球帳まがいの人ですw

2 ■無題

昔の年俸水準なら黒字経営できそうですが
今のプロ野球じゃ経費が膨らみすぎですからねえ
相当な血を流す覚悟が無いとほぼ無理でしょ

3 ■コメ返信1

@ 牛丼さん

前にキャッチボールやってましたよw
兄が、太陽つかまえんぞと友人ですしw

@ 閑人さん

無理なのに、やりたいのでしょうねw
プロフィール

薬球ちゃん

Author:薬球ちゃん
ニックネーム:薬球ちゃん 
自称「3代目・やっくん」
性別:男
血液型:本田△と同じAB型

自己紹介
元巨人ファンです。
その前は、西武でした。
巨人ファン時代は、
全選手の背番号と
顔・プレーを覚えてるくらいの
元焼き豚。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。