スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾、野球賭博・・来期は4球団で開催。野球解説者の掛布が危ない・・。

ブログのデザイン変えました(・∀・)

本当は、今日の記事とマッチするのがあったのですが、

目がチカチカして痛いので、

TDNってことで・・・・



台湾プロ野球賭博と八百長で33人起訴…球団は除名、来季は4球団で開催


台湾のプロ野球チームが球団ぐるみ野球賭博と八百長を行っていたとして
検察当局は25日までに、選手12人を含む関係者33人を起訴した。

問題の球団「米迪亜(メディア)ティー・レックス」がリーグから除名されたほか、
他の球団も経営不振から解散を決めた。

来季の球団数は今季の6から4に減少し、台湾プロ野球は危機的な状況に陥っている。



台湾プロ野球は90年に発足後、一躍人気スポーツとなったが、
96年に大規模な野球賭博が発覚し、ファン離れが進んだ。
4球団体制となる来季は、台湾プロ野球にとって存続への正念場となりそうだ。


http://mainichi.jp/enta/sports/baseball/news/20081225k0000e030016000c.html



▼ 薬球ちゃんのコメント ▼

掛布ちゃんも大変らしい・・・
髪の毛でではない↓



掛布氏“リストラ危機”で市税滞納 豪邸一時差し押さえ


プロ野球、阪神タイガースの元内野手で野球解説者の掛布雅之氏(53)が、
大阪府豊中市の自宅を一時、差し押さえられていたことが25日、分かった。

固定資産税や住民税の滞納があったとみられる。

一方で、解説を務める日本テレビでは来季の契約について「現状白紙」の回答
“リストラ危機”に直面しており、かつてのミスター・タイガースはがけっぷちだ。


関係者の話を総合すると、豊中市が掛布氏の自宅を差し押さえたのは11月14日だった。
税金の長期滞納があったことは明白。その後支払いに応じたとみられ、
今月に入ってすぐに差し押さえは解除された。



甲子園球場のホットコーナーで躍動した背番号「31」。
現役引退から20年が経ち、その財政状況は火の車となっているもようだが、
一方で“本職”ともいえる野球解説業にも赤信号が灯った。

掛布氏が現役引退後、解説者として務めてきた日本テレビが、
来季の契約延長に対し、慎重になっていることが明らかになった。

この日、同局スポーツ局幹部が「今年の解説者は8人いましたが、
来季の放送試合数がまだ未定
それによって、このまま8人全員と契約するかは白紙の状態」と語った。

2008年度9月の中間期連結決算で12億円の赤字となった同局。
厳しい経営を強いられる中、
推定1000万円単位の高額ギャラを支払ってきた掛布氏の扱いは、
慎重にならざるを得ない。

巨人戦視聴率の低下に伴い、中継試合数も減少すれば、
1試合当たりの単価が割高になる
からだ。

“一時”とはいえ、自宅差し押さえは穏やかな話ではない。
解説者も“リストラ危機”。掛布氏の今後が気がかりだ


http://www.sanspo.com/shakai/news/081226/sha0812260505008-n1.htm


▼ 薬球ちゃんのコメント ▼

個人的に掛布の解説は好感持てる。
中立だからね。

川籐は、あれは糞だろw

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

薬球ちゃん

Author:薬球ちゃん
ニックネーム:薬球ちゃん 
自称「3代目・やっくん」
性別:男
血液型:本田△と同じAB型

自己紹介
元巨人ファンです。
その前は、西武でした。
巨人ファン時代は、
全選手の背番号と
顔・プレーを覚えてるくらいの
元焼き豚。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。