スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【矢野貴章(`・ω・´)SP第4弾】 プロ野球、観客動員減少。

【矢野貴章(`・ω・´)SP第4弾】 


プロ野球、観客動員減少。


【矢野貴章(`・ω・´)SP第3弾】 

読売新聞が要望!MLBVS日本代表・・代表ごっこしたい。



【矢野貴章(`・ω・´)SP第2弾】 

欽ちゃんは辞めへんでぇ!引退撤回。審判にスポンサー?


【矢野貴章(`・ω・´)SP第1弾】 

フロンターレ算数ドリルをパクった巨人算数ドリル。




パ・リーグの第1期観客動員、昨季に比べて大幅減…

オリックス-24.6%、西武-19.4%、ソフトバンク-10.4%


パ・リーグは26日、前日25日までに終了した第1期
(他の5球団とホームとビジターでの試合が一回りした終了時)
の観客動員数と試合時間を発表した。

1試合平均の観客動員数は2万218人。


今季は開幕を3月20日に前倒ししたため、

ゴールデンウィークが第1期に含まれた昨季に比べて

マイナス9・6%の大幅減となった。


アップしたのは楽天とロッテの2球団。

楽天は4月20日に東京ドーム初開催で
4万人以上を動員したことなどの影響で、前年比12・6%増となった。


西村新監督の下で首位と好調なロッテは、

同2。2%増とチーム成績が動員に反映されたようだ。


このほかは、オリックスの同24・6%をはじめ、西武が同19・4%、
ソフトバンクが同10・4%、日本ハムが同9・9%とそれぞれ減少
した。


また第1期の全86試合の試合平均時間は3時間10分で、
前年同期比で4分短縮された。


http://sankei.jp.msn.com/sports/baseball/100426/bbl1004261504001-n1.htm


■今季のパ・リーグ球団別観客動員(第1期終了時)

球団名   試合数 1試合平均 2009年比

日本ハム   14  23396 ?9・9%

楽天     13  17430  12・6%

西武     15  17688 ?19・4%

ロッテ    14  20841  2・2%

オリックス  15  16733 ?24・6%

ソフトバンク 15  25102 ?10・4%

計      86  20218 ?9・6%



観客減少(本拠地8試合で昨年比2万7910人減)に選手はショック 

営業部長は険しい表情



起死回生の同点2ランがサヨナラ劇を呼んだ13日の横浜戦。

その殊勲の森野は帰りの駐車場に現れ、こちらを見るなり

もっとお客さんに入ってくださいって(新聞で)書いてくださいよ」。

相当、気にしていた。

 

確かに前日は少なかった。

発表された2万4215人は、05年以来5年ぶりとなる2万5000人割れ。


いくら4月の平日ナイターは入りづらいといっても、

選手にすればショックだったようだ。

この日、近藤営業部長に聞くと「もっといろいろ企画を考えて
盛り上げていかないと」と険しい表情で説明した。


そんな記事を書いているこの日も今季ワーストを更新する2万3558人。

ここまでの本拠地8試合は昨年比で2万7910人減だ。

その理由はいろいろあるだろうが、選手はベストを尽くしている。

ですからファンの皆さん、ぜひ足を運んでください。


http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/draban/20100415/index.html





観客数が前年比10.4%減のソフトバンクと24.6%減のオリックスの営業担当者は、

両球団の遺恨が増し、盛り上がる事を期待!?


因縁大歓迎

「報復の報復してくんねえかな」

そんな声が聞こえてくる。
連日の死球合戦により2試合連続で警告試合が宣告された、
さる3日からのオリックス―ソフトバンクの3連戦。
3戦目には岡田、秋山の両監督が試合中にホーム付近で話し合うなど、
ベンチも選手も一触即発のただならぬ雰囲気になったが、
この様子を見て両球団の営業担当者が
密かに手を叩いて喜んでいるのではないかという話がある。

というのも、先月26日にパ・リーグが中間発表した今季の各球団の観客数で
ソフトバンクは前年比10・4%減、オリックスは同24・6%も減っていたからだ。
パの審判員が今後「両チームがエキサイトしていれば、
試合前に警告することもある」
と話すなど、遺恨カードになるのは間違いないこの両チーム。

集客に四苦八苦する営業担当者にしてみれば、
「これで盛り上がってくれれば」というわけだ。

そもそも、前監督の大石コーチがソフトバンクに移籍したことで、
ただでさえ因縁浅からぬ関係にある。
その大石ヘッドコーチが、「(遺恨は)今日で終わらないでしょう」
と話していることでいよいよ両者の関係がこじれる可能性は大。

デッドボールを受ける選手としては、たまったものではないが、
球団営業としてはさらにエキサイトし
遺恨が増せばと皮算用しているかもしれない。

2010年5月7日発行の日刊ゲンダイより



↓ツイッターを使うことで、観客を増やそうとしてるみたいです。



ダルビッシュらとの“ツイッター”でプロ野球人気再燃を・・・
地上波中継は「激減」、観客動員数も「前年比減」


ダルビッシュ×ツイッター=入浴剤?全世界で利用者が1億人を超えているともいわれる
ネット上のサービス「ツイッター(twitter)」。
140文字の「つぶやき」は球界でもブームになりつつある。
代表格は日本ハムのダルビッシュ有投手(23)。
1日に50回近くつぶやくこともあり、それを読めば使用した入浴剤の種類まで分かる。
選手とファン。
その距離はかつてないほど縮まっている。

マウンド上では球界の絶対エース。
ツイッター上では本音をつぶやき、
まるで「隣のお兄さん」のような素顔でファンと接している。
ダルビッシュがツイッターを始めたのは4月12日。
今ではその「つぶやき」を追い掛けている「フォロワー」が約3万5000人もいる。
多いときは1日に48回もつぶやいたことのあるダルビッシュ本人は、
その魅力を「自分の言いたいことが言えるし、
一番は何といってもファンとの距離ですね」と明かした。

例えば今季初完封勝利を挙げた5月1日の西武戦。
練習前の午前中に「この1カ月で西武戦に投げんのは3回目か。
相当気持ち入れてくるやろうな」。
そして試合後は「帰ってご飯食べて、ゆっくり風呂入ろう。入浴剤、何にしようかな」。
ファンからツイッター上で「森林の香りとかは?」と質問されると
「ゆずの香りが好きなんですよ♪」。
そして「これにしました♪」。
ダルビッシュが掲載した写真は「グレープフルーツの入浴剤」だった。
まさに超接近遭遇。
ファンと選手の距離がこれほど近くなるのは、一昔前なら想像もできなかった。
「ブログとはちょっと違いますね。
ファンと近いので、喜んでもらえると思う」とダルビッシュ。
ファンは球場の観客席から、またはテレビの画面を通じて選手を見る。
直接、話をする機会などはそうそうない。
それが今までの常識だった。まさに時代は変わった、というしかない。

敗戦投手となった試合後などに「つぶやく」ことをツイッター上でファンに批判されても、
「失敗を引きずっていい事なんて万に一つもない!」
と本音で返す。夫婦仲が冷え切っているというファンの相談にも乗る。
いわく「“お疲れ様。今日もありがとう。
また明日よろしくね”と言い合う。
言葉にしないと感謝は伝えられない」。
球界の絶対エースはそのプレーはもちろん、
ネット上のコミュニケーションでも「ファンを大事にする」
との姿勢を貫いている。

「もっと(球界でも)たくさんの人がやればいいと思いますよ」。
そう話すダルビッシュ以外にもソフトバンクの大隣、摂津、巨人・鈴木らが
日々「つぶやいて」ファンとコミュニケーションを取っている。

「ブログと違って(反応が)返ってくるのも速い。
僕も楽しいし、ファンにとっても身近に思ってくれればありがたい」と鈴木。
「“ビール7杯目に突入しました!”ってつぶやいたら、
“ビールはやめて焼酎にしろ!”って
返されたことがあった。反応が面白いよね」と笑いながら話した。

地上波でのテレビ中継が激減し、選手や球団にとっては
「いかにファンに球場に足を運んでもらうか」が勝負になっている。
しかし今季はここまでセ、パとも、天候不順もあって観客動員数は前年比でマイナス
「つぶやき」を通じて構築される選手と
ファンの新たな関係は、プロ野球人気の再燃をもたらす大きな可能性を秘めている









関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■増やすも減らすも自由

球団経営から手を引きたい連中が観測気球上げてるだけじゃないか。
2ヶ年計画くらいで撤退する気だろ?

2 ■無題

>天候不順もあって観客動員数は前年比でマイナス

パリーグの観客動員の表を見ると
減少している4球団全て天候に左右されにくいドーム型球場を本拠地にしている球団。
天候不順なんて言い訳は通用しないと思う。
楽天も
「大量招待券&派手好きオーナー有名人招待しまくりでも空席だらけin東京ドーム」
があったから増加と言えるものじゃないですね。

3 ■無題

これまでもこれからも、2リーグ12球団体制。
世界への普及を怠ったばかりに五輪からは除外され、残るはMLB開幕前の大がかりな前座試合だけ。

これではね・・・。

4 ■無題

Jリーグも昨年から減少に転じたしプロ野球も不況の波には逆らえないのか。
野球・サッカーと日本の2大プロスポーツが衰退する様を見るのは悲しい

5 ■無題

土日ならまだしも、平日ナイターは巨人戦でもガラガラですよね。
TV中継もスタンドを写さないよう必死だし。

あんなにも退屈なやきうを生で観戦するなんて、限りある人生の貴重な時間をどんだけ無駄にしていることでしょうか。
これに国民も気付いたんだと思います。

しかし、こんだけ人気が低下し、収入が落ちている状況なのに、いまだに選手年俸が青天井なのは腑に落ちませんね。
親会社からの無駄で莫大な補填金が投入されてるという脱税まがいの状況を早急に解消すべきと思います。

6 ■無題

なんかずれてるんだよなあ
遺恨試合ってプロレスのやり口だろ
それにわざとピリピリした空気作られると
むしろ足が遠のくんじゃないか?
ツイッターもどんなもんかね?
むしろ野球に興味無きゃダルのツイートを
フォローしようとは思わんでしょ
「野球場なう」とか期待できますかね?
どちらも共通点は他力本願ってとこでしょうか

7 ■無題

野球の試合内容の向上ってデッドボールのぶつけ合い?
暴力排除を唱えながら、集客は乱闘を煽るプレー。
矛盾だらけの野球

8 ■無題

@ 近鉄パールズさん

たぶん、そんな感じでしょうねw

@ 立見席さん

たしかにそうですねw

@ ・・・さん

同意w

@ スポーツ好きさん

さっかもですが、
野球のほうが衰退は厳しいです。

@ やけイラネさん

平日でも満員だったんですよね、昔はw

ですね@@

@ 閑人さん

ツイッターやってる野球選手って、
どうなんでしょw

他にやることあるだろって「思うのですw

@ リッケンさん

やきうは、プロレスみたいなもんですからねw

プロフィール

薬球ちゃん

Author:薬球ちゃん
ニックネーム:薬球ちゃん 
自称「3代目・やっくん」
性別:男
血液型:本田△と同じAB型

自己紹介
元巨人ファンです。
その前は、西武でした。
巨人ファン時代は、
全選手の背番号と
顔・プレーを覚えてるくらいの
元焼き豚。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。