スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【GW終了第4弾】 サッカーが野球中継の視聴率が低迷している原因だと日テレプロデューサー。延長。

【GW終了第4弾】 


サッカーが野球中継の視聴率が低迷している原因だと日テレプロデューサー。延長。


【GW終了第3弾】 

女子プロ野球、想定外の人気・・でもカラクリ。独立の観客人数は水増し。52人。


【GW終了第2弾】 

五輪を招致して、日本球界を元気にしたい。ソフトボール、野球といっしょに。


【GW終了第1弾】 

校庭芝生化は野球ができなくなるなどの意見。巨人戦で地域復興。



懸念されるプロ野球ファンの高齢化 

視聴率低迷の理由には20?30代の人たちが少年時代にサッカーブームを経験




5日、デーゲームで行われた巨人vsヤクルト戦(東京ドーム)の
日本テレビ系地上波全国中継の解説者として、
桑田真澄氏(42)と立浪和義氏(40)が登場した。
ともに充電中のPL学園出身コンビの初共演。

日テレがこどもの日を選んで総勢13人の解説陣の中から
人気抜群のコンビを実現させたのには理由があった。
近い将来の監督候補でもある2人。
その動向からますます目が離せない。

桑田氏は今年3月に早大大学院スポーツ科学研究科を卒業。
立浪氏は昨年限りで現役を引退した。
日テレでは当初、「桑田氏はPL学園で立浪氏の2年先輩。関係が濃すぎる」とみて、
解説者としてコンビを組ませるつもりはなかったという。
実際、立浪氏は高1時代、桑田氏の“部屋子”(付き人)でもあった。

ところが球界関係者から「ぜひ見てみたい組み合わせ」として名前を挙げる声が続出し、
一転目玉コンビに。
せっかくなら、比較的高視聴率が期待できる
ゴールデンタイムのナイター中継にぶつけた方がよさそうなものだが
さにあらず。

同局の岡田謙吾プロデューサーは
少年ファンへ向けた、こどもの日のプレゼントという意味合いもあります」といい、
続けてこう説明する。
キラキラいまプロ野球中継の視聴率が低迷している理由のひとつは、
20歳代、30歳代の人たちが少年時代にサッカーブームを経験し、
プロ野球の視聴習慣が醸成されなかったことにあると思いますキラキラ
一方、現在の少年たちの間でまた野球ファンが増えてきているようです。
スタンドにも少年ファンの姿が目立っていますから。
視聴率を急激に上げることは難しいかもしれませんが、将来へ向けて種をまきたい

プロ野球ファンの高齢化が懸念されている中、
近い将来プロ野球中継の視聴率を奪回するため、
桑田&立浪コンビは、牽引車として期待されているというわけ


試合終了後には、巨人ファンからネット裏放送席へ向かって盛んに
「桑田さ?ん」と声が掛けられ、
桑田氏も左手を振って応え、根強い人気をうかがわせた。
惜しまれるのは、肝心の試合が、
首位巨人の今季チーム最多5発で12?0のワンサイドゲームとなったこと。
「この試合展開ではね…。(立浪氏とは)意外に時間がなくて、
突っ込んだ話ができなかった。
それに、(球威ではなく、ストライクゾーンぎりぎりの)出し入れで
勝負するピッチャーが投げるときに解説したかったな」と桑田氏。

それでも、「ついこの間まで現役選手だったおふたりは、
まるでマウンドに立っているかのような、
打席に立っているかのような臨場感のある解説をしてくださる」
(岡田プロデューサー)と評価は上々だった。

再びユニホームに袖を通す時期は、
次期中日監督の有力候補といわれる立浪氏の場合、
白井文吾オーナーの絶対的支持を背景に
2011年いっぱいまで契約のある落合監督の動向次第か。

一方、なぜか「今年挑戦したいことは、
ワインづくりと米づくり」とぶち上げた桑田氏は、
今月中に大分県内で田植えを初体験することになっている。

一見野球とは全く関係ないが、桑田氏は「農業は“人づくり”につながる。
どちらも手間がかかるし、自分の思い通りばかりにはいかない」と語っており、
あながち指導者修学の一環といえなくもないようだ。

もっとも「桑田は2006年、自身のホームページ上で突然巨人退団の意向を表明し、
寝耳に水だった原監督を『順番が違うだろ』と激怒させた経緯がある。
原政権が続く限り、コーチとして巨人に呼ばれることはないだろう」
(巨人球団関係者)との観測がもっぱら。
他球団での桑田監督誕生がとりざたされている。

桑田氏と立浪氏はいずれも日テレとは
「スポット解説者」として契約を結んでいる。
山本浩二氏、中畑清氏、江川卓氏ら「レギュラー解説者」とは違い、
日テレ中継への登場が年数回に限定される代わりに、
NHKや他民放局への出演に制約がない。
2人ほどの人気者なら、お茶の間への登場機会が広がり、頻度も上がる。
それだけファンから熱視線を浴び続けることになる。




■ やっくんのコメント ■


>同局の岡田謙吾プロデューサーは

>いまプロ野球中継の視聴率が低迷している理由のひとつは、
>20歳代、30歳代の人たちが少年時代にサッカーブームを経験し、
>プロ野球の視聴習慣が醸成されなかったことにあると思います

なんで、今のプロ野球中継の視聴率が低迷してるのが、
20、30歳代の少年時代のサッカーブームが原因なわけ??

野球がいけないのに、15年以上前のJリーグが原因ですか?w
岡田謙吾プロデューサーって、お花畑のやきう脳だなw


>視聴率を急激に上げることは難しいかもしれませんが、将来へ向けて種をまきたい

もうアホだなwwww


立浪って、アンナと不倫したり、
色々あるじゃんw

桑田と立浪で視聴率取れるわけないだろ・・・。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



今期評判のNHKドラマ「チェイス」…
第2回は巨人戦中継の延長で「録画が途中で切れた」
「再放送は?」との問い合わせ300件



土曜ドラマ「チェイス」はここが違う
NHKチーフプロデューサーが語る(高橋氏)

今期のドラマでは江口洋介演じる国税査察官と
ARATA演じる天才脱税コンサルタントの息の詰まる攻防を描いた
NHKドラマ「チェイス」が随一と評判だ。
大人の視聴者の心をわしづかみにしているといっていい

初回は4月17日。
第2回は巨人戦中継が延長になりドラマの放送時間がズレて
NHKには「録画が途中で切れた」「再放送は?」
という問い合わせが300件も寄せられたという。

「ドラマのHPは日に10万件ものアクセスがあります」と手応えを語るのは
「チェイス」のチーフプロデューサーで制作統括の高橋練氏(42)だ。
反響の大きさをどう分析しているのか。

「まず坂元裕二さんの脚本に脱帽です。
かなり深く税務関係の資料を読み込んで取材を重ね、
たとえば村上ファンドや海外を転戦するテニスプレーヤーや
F1ドライバーの例などが税金を回避する手段の参考事例になっています。
坂元さんがすごいのは、その素材から突拍子もないアイデアが次々に浮かぶところ。
余命半年の男に海外で会社代表をまかせて偽装倒産させたり、
事前申告を悪用する大胆な手口で空港の税関をすり抜けようとしたりといった部分です。
『東京ラブストーリー』などトレンディードラマで知られる坂元さんですが、
今回は社会派ドラマの構図の中に濃厚な人間ドラマを持ち込み、
見応えのあるドラマに仕上げていると思います」

坂元脚本を演じ切っている俳優陣も素晴らしい。ARATAや麻生久美子など
民放のドラマではあまり見かけない俳優が多いのが特徴だ。

「ARATAさんの起用は冒険かなとも思いましたが、ハマリ役です。麻生さんは不思議な
色気があります。意識したのは、いかにもという俳優ではないこと。視聴者にイメージがない
俳優のほうが余計な先入観を与えないと考えました。キャスティング優先ではなく、
あくまでドラマの内容を優先した配役です」

今年1月から始まった撮影も4月16日に終了。
海外ロケはハワイで行った。

「春は天候不順でしたが、そんな悪条件もドラマの映像に迫力を加味してくれました。
今後は大物査察官OBが登場したり、
ARATAさん演じる村雲のルーツをたどったりと
放送回によって味わいが違う内容になります。
時間軸と空間の広がりで世界を大きく描いていますが、
その中で人間が抱える怖さや底知れぬ闇を感じて欲しいです。
もう一度同じドラマを撮れといっても絶対に無理。一期一会のドラマです」

8日放送の第4回も、意外な展開に驚かされる。
2010年5月6日発行の日刊ゲンダイより

■ やっくんのコメント ■

やっぱ野球中継は迷惑だなw

芸スポスレで、まだアナログで録画してるのかって書いてるのがいるが、
NHKは、中高年が見てるし、
まだビデオをつかってる人が多いから、しょうがないと思う。

オレが子供のころなんて、これが日常の当たり前の出来事だったんだなw

野球ファンだったので、諦めが日常だったような気がするw


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

月間1桁ざまあって感じです。
視聴率の低迷をとにかくサッカーのせいにしたいんですね。
責任逃れもいいとこです。
やきうが全国民から嫌われてるからだってなんでわからないんでしょうね。

>現在の少年たちの間でまた野球ファンが増えてきているようです

これもどんでもねー脳内妄想ですよね。
やきうに触れる機会の激減した現在、こどもたちはやきうのルールすら知らないじゃありませんか。
やきうやってるこどもって焼き豚の親に無理やりやらされてるだけですよ。
こどもですら今時やきうがダサいものだって知ってますからね。

2 ■無題

もうテレビじゃあ 野球洗脳無理ってのに・・・
この世代の方たちは本当にry

まあ、WBCも次の大会を真剣に見てる人ってのは、情弱のアホって事でOK

3 ■無題

>ARATA演じる天才脱税コンサルタントの息の詰まる攻防を描いた
NHKドラマ「チェイス」が随一と評判だ。

「息の詰まる攻防」…アレとは大違いですねw
面白そうだから見てみようかな?^^

4 ■無題

少年野球やってる子って親が情弱のばかだったりするから。子供たちに同情するな

5 ■無題

録画じゃなくても
普通に家に見て
「時間が来た。テレビつけるか」って思って
ヤキウが延長してまだ始まってないときの
フラストレーションはハンパない。
これ地上波でもBSでもCSでも
未だに起こってる。
まじでヤキウが人気なら
ヤキウ専門チャンネル作れよ。

6 ■無題

サッカーのプロ化によってプロ野球の化けの皮が剥がれたという点は否定できませんが、視聴率低下の一因にするのは卑怯ですね。

7 ■無題

スタンドで少年の姿が目立つだけで子供達の間では人気回復wwww
どんだけ脳内お花畑なんだかwwww

8 ■無題

野球中継の低迷は喰われる以前に
野球界が自分で自分の首を絞めただけでしょ
自分は悪くない、あいつが悪いって
それこそ責任転嫁だよ

9 ■Re:無題

>やけうイラネさん
>こどもたちはやきうのルールすら知らないじゃありませんか

キャプテン翼が好きで、
サッカー少年だった俺は
何で野球のルール知ってるんだろう?
キャッチボールすらろくにやったこと無いのに。

10 ■無題

サッカーは盛り上がっていないって言っている割りには
視聴率低迷の原因だなんて。
聞き苦しい言い訳です。

11 ■無題

子供時代におけるプロ野球の視聴習慣が重要だというのは納得なんですが
地上波ナイターは絶滅寸前なのに子供達のファンが増えているというのもとても不思議ですね

12 ■他ブログから引用

>無論サッカーが全ての原因だとは言わないが
>キャプ翼ブームがなければ5年以上はJ誕生が遅れていたのかな
>ジーコなど存在せずやカズの全盛期も過ぎ、中田のセリエの栄光も変わってた
>フランスW杯にも行けず自国開催もパァ
>そう考えると残酷だな
>野球の狭い世界に何の疑問も持たなかったかもしれん

まぁ、これでサッカーを憎まないわけにはいかないのが焼き豚なんだよな
奴らの「恨」の文化は深いのよ

13 ■無題

@ やけうイラネさん

でしょうねw

脳内被害妄想ですけどねw
ちょっと危険な妄想です。。

@ 野球=ピザ球さん

ですよねw

同意w

@ 牛丼さん

アレは、セックルしながら見られますからねw

NHKのドラマって結構おもしろいですよね^^

@ GYさん

少年野球やってる子の親は、非常識人が多いです。
今日オヤジが経験w

@ ポークカレーさん

そいえばBSの野球のせいで、
Jリーグタイムが23時になったんでしたっけ@@;

@ ・・・さん

ほんとそうですよねw

@ ビーバーさん

それがやきう脳なのですw

@ 閑人さん

責任転換するのも、やきう脳ですw

@ taleさん

オレは、中継とやきうゲームで覚えましたw

@ あさん

やきう脳は、幻覚症状があるのかもしれませんw


@ 狩出論さん

たしかにw
プロフィール

薬球ちゃん

Author:薬球ちゃん
ニックネーム:薬球ちゃん 
自称「3代目・やっくん」
性別:男
血液型:本田△と同じAB型

自己紹介
元巨人ファンです。
その前は、西武でした。
巨人ファン時代は、
全選手の背番号と
顔・プレーを覚えてるくらいの
元焼き豚。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。