スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日新聞【1】 巨人、球界申し合わせ破り、6選手に契約金・36億円・・上原など、1年目、3300万円。

朝日新聞【1】 

巨人、球界申し合わせ破り、6選手に契約金・36億円・・上原など、1年目、3300万円。



【野球】巨人が球界申し合わせ破り、
阿部・野間口・高橋など6選手に契約金36億円…朝日新聞報じる
★4


1 名前: いかんのか?φ ★ [sage] 投稿日: 2012/03/15(木) 13:55:39.67 ID:???0
プロ野球・読売巨人軍が、球界で申し合わせた新人契約金の最高標準額
(1億円プラス出来高払い5千万円)を超える契約を多数の選手と結んでいたことが

複数の関係者証言と朝日新聞が入手した内部資料から明らかになった

14日現在で確認できたのは、1997~2004年度に6選手と結んだ計36億円の契約で、
このうち計27億円が最高標準額を超過する内容だった。

読売巨人軍は朝日新聞の取材に対し、「個別の選手の契約は申し上げられない。
標準額は07年までは上限ではなく、
超えても構わないというのがプロ野球全体の理解のはず。ルール違反ではない」と話している。

超過額の契約が判明したのは、高橋由伸、上原浩治(現大リーグ)、
二岡智宏(現日本ハム)、阿部慎之助、内海哲也、野間口貴彦の6選手。
最も高額なのは、阿部選手(00年ドラフトで入団)の10億円
野間口選手(04年)は7億円、高橋選手(97年)は6億5千万円、
上原選手(98年)、二岡選手(同年)は各5億円、
内海選手(03年)は2億5千万円となっている。
このほか、上原選手には退団時の功労金1億2千万円、
二岡選手には退団時の功労金7千万円と別の出来高払い3千万円も支払う契約となっていた。

6選手の契約では、1億5千万円を超過する金額について、
複数年にまたがって分割払いするとし、
各年の出来高条件の一部をクリアした場合に支払われるとされていた。

複数の巨人軍関係者によると、
巨人軍にとってこの出来高払いは税務上、契約金の分割払いとみなされ、
通常の出来高払いとは違う会計処理をしていた。
各選手も税務申告する際、契約金の一部であることを明らかにしていた。
国税当局も税務調査などでこうした内容を把握しているという。


http://www.asahi.com/national/update/0315/TKY201203140797.html
http://www.asahicom.jp/national/update/0315/images/t_TKY201203140811.jpg

前スレ
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1331771437/
★1:03/15(木) 01:36




【野球】一括だと「まずいことに」 巨人、分割受け取り勧める[12/03/15]


1 名前: やるっきゃ騎士φ ★ 投稿日: 2012/03/15(木) 09:12:06.21 ID:???0
高額契約が判明した6選手のうち、
読売巨人軍が入団前の野間口貴彦選手に渡したとされる文書には
「球界のルール越え」が判明しないように
契約金を分割して受け取ることを勧めるなどの記載があり

最高標準額の超過を認識していたことがうかがえる。

複数の関係者証言や内部資料によると、
内部文書は、「野間口貴彦様 2004年7月15日」との表題がある。
「巨人軍はあなたを来年から活躍できる即戦力投手として位置づけています」と、
獲得を熱望していることを伝える内容だ。

文書は
「球界の決まりはご承知のとおり、
契約金は最高1億円、出来高払いは成績によって
最高5千万円まで認められています」としながらも、
「契約金 7億円」と明記。

一括払いと5〜7年程度の分割払いの選択肢を示したうえで、
一括払いについて
「あなたが翌年の高額所得者番付に登場することは確実で、
その際、球界のルールを越えて 契約金を受け取ったことが判明してしまい、
あなたにとっても、球団にとってもまずいことになります」
と述べている。

さらに文書は「近年、高額契約金でプロ野球界に入った選手のほとんどが、
球団と契約書で確認のうえ、
この分割方式をとっています」と説明している。

読売巨人軍は「巨人として、この文書は確認できておらず、
球団に残っていない」としている。

ソースは
http://www.asahi.com/national/update/0315/TKY201203140798.html





【野球/巨人】上原&二岡の1年目の年俸、実は3300万円だった


1 名前: いかんのか?φ ★ [sage] 投稿日: 2012/03/15(木) 13:54:58.80 ID:???0
読売巨人軍の契約金問題で、
ドラフトの逆指名制度で入団した上原浩治選手(現大リーグ)、
二岡智宏選手(現日本ハム)が巨人軍とそれぞれ交わした契約書類では、
「契約金5億円」と明記されていた。

関係者証言や内部資料によると、上原選手の契約書類では、契約金5億円、
退団時に功労金1億2千万円を支払うと記載。

契約金の支払い方法については、
平成11(99)年1月初旬に1億円▽12(00)年度に5千万円
▽13~19(01~07)年度に
各5千万円の計3億5千万円、としている。

この書類は「平成10年(98年)12月15日」付で、
当時の巨人軍球団代表の記名、押印と上原選手の署名、押印がある。

また、同日付で両者が締結した年俸に関する書類では、
入団1年目の99年度の年俸は「3300万円」だが、
セ・リーグ会長に提出する「統一契約書」には、
「1300万円」と明記することも盛り込まれていた

http://www.asahi.com/national/update/0315/TKY201203140839.html







関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>まずいことに
後ろめたい気持ちはあったんでしょうね
それにしても会長に出す契約書と
実際に払った額が違うって虚偽報告じゃねーか
プロフィール

薬球ちゃん

Author:薬球ちゃん
ニックネーム:薬球ちゃん 
自称「3代目・やっくん」
性別:男
血液型:本田△と同じAB型

自己紹介
元巨人ファンです。
その前は、西武でした。
巨人ファン時代は、
全選手の背番号と
顔・プレーを覚えてるくらいの
元焼き豚。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。