スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清武の乱【2】 ナベツネ「名誉毀損」。小倉会長「巨人と違う」。岡田彰布監督「サッカーが怒るよ」。

清武の乱【2】 


ナベツネ「名誉毀損」。小倉会長「巨人と違う」。岡田彰布監督「サッカーが怒るよ」。




【野球】ナベツネが反論「名誉毀損であり、謝罪を求める」


1 名前: いかんのか?φ ★ [sage] 投稿日: 2011/11/12(土) 20:22:06.87 ID:???0
 

プロ野球巨人の清武英利球団代表に「コンプライアンス上問題がある」

と批判された渡辺恒雄球団会長は12日、

名誉毀損であり、謝罪を求める」との反論談話を発表した。

 

また、清武球団代表が江川卓氏の起用を公表したことを

「企業機密であり、取締役の忠実義務違反だ」と批判した。


http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/11/12/kiji/K20111112002016680.html




巨人・原監督、江川卓氏招へいについて渡辺球団会長と話し合いもったことを認める

「チームを高めるため」


原監督、江川氏起用の提案認めた「チーム高めるため」

 

巨人の原辰徳監督(53)が13日、渡辺恒雄球団会長(85)との間で、

球団OBの江川卓氏(56)を来季首脳として招へいする話し合いを持っていたことを認めた。

江川氏の招へいは、清武英利球団代表兼ゼネラルマネジャー(GM=61)が
渡辺会長を批判する発端となっていた。

これまで指揮官は渡辺会長との会談で江川氏の名前が挙がった事実を否定していた。

 

真っ青な宮崎の空までも、くすむようだった。

渡辺球団会長と清武球団代表兼GMの対立問題。

発端となった江川氏の招へい問題を、原監督が渡辺球団会長と話し合っていたことを認めた。

「非公式にというかね。

やっぱりチームを高めるための、そりゃあもう(渡辺球団会長と)

たくさん会話をしているわけですから。それの一つです。

やっぱり、目的はジャイアンツというチームを強くするという中でね。

たまたまその一つ、固有名詞が挙がった」

 

11日には、渡辺会長との会談で江川氏の名前が挙がった事実を否定していたが、
この日になって前言を翻した原監督。

それでも、球団創設者・正力松太郎氏の遺訓を引き合いにグラウンドでの指導への意欲を語った。

「紳士たれ、と。ファンに愛されファンを愛する。

そして自分のやるべきことをしっかりやるということ。

(チームが)大きく、強くあるためにどうするべきか、それに集中します」

 

巻き返しに向けた秋季キャンプを送るはずが、突如起こった今回の騒動。

選手が野球に集中できる環境が整うまでには、まだ時間がかかりそうだ。


http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/11/14/kiji/K20111114002025500.html






【野球】巨人の桃井オーナーが混乱収拾へ事情説明…岡崎ヘッドは留任


1 名前: 三毛猫φ ★ [sage] 投稿日: 2011/11/15(火) 19:09:03.77 ID:???0
 

プロ野球巨人のコーチ人事をめぐり、清武英利球団代表(61)が

渡辺恒雄球団会長(85)を批判した問題を受け、

桃井恒和オーナー兼球団社長(64)が15日、

秋季キャンプが行われている宮崎市を訪れ、原辰徳監督らコーチ陣に事情を説明し、

来季契約の方針を伝えた。
 

桃井オーナーは報道陣に「今回の件は現場に非常に迷惑をかけた。

動揺せず仕事に没頭してほしいと言ったし、少し落ち着いてくれれば」と語った。
 

今季が3年契約の最終年で、続投が決まっていた原監督に2年契約を提示し、

原監督が受諾。
降格かどうかで対立の発端となった岡崎郁ヘッドコーチは留任とし、

キャンプ終了後の20日以降に契約を更改することになった。
 

原監督は「球団トップの方が気を使って、話しに来てくださり、

頼もしい限り。巨人を愛しているのは、
全員が一致しているところ」と語った。日本シリーズ中の騒動に、

桃井オーナーは
「大変、迷惑をかけている。(事態の行方は)正直どういう形になるか分からない」と話した。 


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111115-00000081-jij-spo





【野球】広岡達朗が巨人内紛劇に「12球団は反省しなさい、という警告」

「ああいうのが起こりうる野球の構成になっている」


1 名前: ニーニーφ ★ [sage] 投稿日: 2011/11/14(月) 08:52:29.06 ID:???0
 

抜本的な改革が必要! 広岡達朗巨人OB会副会長(79)が13日、
巨人の内紛劇について言及。今回、渡辺球団会長、清武代表兼GMとの泥仕合に関し、
日本球界の構造全体の見直しが急務と訴えた。

 

「12球団は反省しなさい、という警告でしょう。そういう意味では、すごくいいこと。
巨人だけの問題じゃなく、コミッショナーを筆頭に(オーナー、GMなどの)責任分担を考えていかないと。
(現状では)誰が悪いのではなく、ああいうのが起こりうる野球の構成になっている」

 

所用で阪神のキャンプ地、高知・安芸を訪問。

ジャージー姿で視察後、穏やかな表情で持論を展開。親会社、GM、現場スタッフなど、
それぞれの責任分担を今こそ明確にする必要性を説いた。

 

1995年にはロッテで日本球界初のGMに就任。

当時のバレンタイン監督とは野球観の違いから確執も経験。

GM職の難しさ、矛盾点は肌で感じた。

さらに、12日に渡辺会長が出した談話の中で、
サンケイスポーツ12日付に掲載された広岡氏のコメントを
“もっともな言葉”と取り上げていただけに、広岡氏の考えには注目が集まっていた。

 

「米国の場合は能力のないGMはクビで、いい選手を預かっても5割を勝てない監督はクビ。
(清武氏、原監督も)米国の野球であればクビですよ。原監督は食い切れていない。
おいしいところばかり。あのメンバーならば優勝しないといけない」
辛口に定評のあるOB広岡氏の言葉は、今の巨人にどこまでも厳しかった。



http://www.sanspo.com/baseball/news/111114/bsa1111140504000-n1.htm
http://www.sanspo.com/baseball/images/111114/bsa1111140504000-p1.jpg





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





【サッカー/Jリーグ】JFAの小倉会長 巨人とは違う!

クラブの親会社がリーグの意思決定に介入しないJリーグの運営方法が妥当


1 名前: 継続φ ★ 投稿日: 2011/11/13(日) 09:33:31.99 ID:???0

日本サッカー協会の小倉会長が、巨人の“内紛”に関連して

プロ野球とJリーグの違いに言及した。

15日のW杯3次予選、アウェー北朝鮮戦に向けて、

この日、羽田空港から経由地の中国・北京に向けて出発。

巨人の清武代表がコーチ人事をめぐって

親会社トップの渡辺球団会長の“鶴の一声”を批判したことに
「Jリーグをつくるときに(プロ野球にある)オーナー会議はつくらなかったのが根本的に違う。
当時、渡辺さんから“何でないんだ”と言われたが、変えなかった」と、
クラブの親会社(オーナー)が

リーグの意思決定に介入しないJリーグの運営方法が妥当との見解を強調した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111113-00000015-spnannex-socc





岡田監督「岡崎、えらいとばっちりやな」


http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20111114-863186.html

 

オリックス岡田彰布監督(53)が13日、巨人の内紛にもの申した。

日本シリーズ開催中にスポーツ紙の1面をジャックした内輪もめ。

「シリーズが1面になかったん初めてちゃうか。

これ1日、2日で解決なんてせえへんし、

えらい迷惑やな、日本シリーズ」。


プロ野球最高の舞台に水を差す形になった泥仕合をちくり。

サッカーのW杯アジア予選の日本対タジキスタン戦があった内紛勃発当日も

「これ、サッカー関係者が怒りよるよ」

とサッカー界へのとばっちりをボヤいていた

 

原監督の心中も思った。

年齢は向こうが1つ下ながら早大と東海大のライバルとして競い合い、長く親交がある。

巨人渡辺会長が暴露した助監督としての江川卓氏招聘(しょうへい)案については

「助監督いうことは次、監督いうことやろ。

ヘッドコーチでというのとまたニュアンスが変わってくる。岡崎、えらいとばっちりやな」
と岡崎ヘッドコーチにも同情した。

 

もともと球界だけでなく世間に幅広い関心を持ち、問題意識も高く、

批判を恐れずストレートに意見するタイプ。

他球団のこととはいえ、日本シリーズ中のお家騒動に意見せずにはいられなかった。




【プロレス/野球】「決着はリングでつけろ!」猪木、渡辺会長と清武元代表兼GMに仰天プラン


1 名前: 花電車φ ★ 投稿日: 2011/11/20(日) 10:36:29.23 ID:???0
決着はリングでつけろ!
“燃える闘魂”アントニオ猪木・IGF会長(68)が在住する米ニューヨークに戻る19日、

都内で取材に応じ、泥沼の抗争を演じている巨人の渡辺恒雄会長(85)と

清武英利元代表兼GM(61)に対して
「元気ですか!!大晦日!!2011」のリングを決戦場に提供する仰天プランを明かした。


日本シリーズ開催中にもかかわらず仁義なき戦いを続ける両者を、

野球に関心がない猪木も「何かすっきりしないね」と憂慮。


口癖の「世の中が乱れた時がオレの出番」とばかり

「10分一本勝負で(リングに)イスを置いてお互いの言い分を聞くとかね」と、
渡辺会長と清武元代表のトークバトルを提案した。


清武氏にはもう一つの出番として

「スキャンダルを起こした人を集めて108つのビンタを…」と、

恒例の闘魂注入でカツを入れたい考え。
一方で歯に衣着せぬトークに共感するのか、
渡辺会長には「ああいうジイさんがいてもいい。

日本はみんないい子ぶってるから、世の中ヒールが必要ですよ」と、いささか肩入れしていた…。


ソース:デイリースポーツオンライン
http://www.daily.co.jp/ring/2011/11/20/0004630177.shtml




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

薬球ちゃん

Author:薬球ちゃん
ニックネーム:薬球ちゃん 
自称「3代目・やっくん」
性別:男
血液型:本田△と同じAB型

自己紹介
元巨人ファンです。
その前は、西武でした。
巨人ファン時代は、
全選手の背番号と
顔・プレーを覚えてるくらいの
元焼き豚。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。